中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

「レンジャー写真展2019」始まりました!

2019年07月17日
国指定藤前干潟鳥獣保護区

皆さま、お久しぶりです。

名古屋自然保護官事務所の山﨑です。

あっという間に、夏ですね。事務所の前の草むらを良く見ると、セミの抜け殻がたくさん!

  

右側は、夜に孵化したアブラセミだと思います。夕方にはいなくなっていました。

元気に旅立ったことでしょう。

さて、今年も「レンジャー写真展2019」が始まっています。第1回目は戸田川緑地・フラワーセンターで開催させていただきました。そして、今回、第2回目は、飛島村すこやかセンターで開催させていただいています。

名古屋市と飛島村にまたがる藤前干潟、石川県白山国立公園、三重県伊勢志摩国立公園のレンジャーとアクティブレンジャーが撮った四季折々、また、生物等の写真を展示しています。

また、アンケートを記入していただいた方には、オリジナルしおりをプレゼントします。

パンフレット類もたくさん準備しておりますので、是非、皆さま、お越し下さい。

  

尚、7月25日(木)には、1Dayイベントとして、「藤前干潟の生きもののペーパーキャップ作り!」を実施します。皆さま、お誘い合わせのうえご参加下さい。

  

<魚のトビハゼ>                <鳥のダイゼン>

 □□□藤前干潟からプチ情報!□□□

藤前干潟周辺には後背湿地(こうはいしっち)がたくさんあります。

後背湿地とは、自然堤防などの背後にある低湿地のことを言うのですが、水田になっているところも多く、

藤前干潟周辺には、干潟を取り囲むように水田地帯が広がっています。

干潟に来る鳥たちは、干潮時には干潟で、満潮時にはその後背湿地で過ごすのです。

先日、その後背湿地で、タマシギを見ることが出来ました。

この写真を見て下さい。鳥なのに足が6本???

すると、なんと、雛を2羽お腹に隠して歩いていました!

タマシギはオスが抱卵と子育てをする珍しい鳥です。

なので、これはパパタマシギです!

大事に卵を温め、天敵から雛を守り、必死で子育てするスーパーイクメンです。

また、AR日記で、生きものや植物など、プチ情報を発信していきたいと思います。

□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□□