中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

レンジャー出前授業@代々木高校

2019年05月30日
伊勢志摩国立公園

代々木高校は英虞湾の賢島にある通信制の高校です。

昨年度に引き続き、レンジャー出前授業で特別活動を担当させていただきました。

今年度のテーマは「志摩の海の豊かさについて学ぼう」です。

昨年度は「地形と地質、自然について」というテーマでポスターを作成しました。

うれしいことに2年連続で参加してくれた生徒もいました。

国立公園の概要や地形と地質について学んだ後で海の生物観察をおこないました。

この日は潮位が高かったものの、露出した岩の隙間や石の下、

海藻の間などにたくさんの生きものが隠れていて、

短時間でも多くの生物を見つけることが出来ました。

見つけた生きものは名前を調べて写真で記録します。

今回はカニの仲間や魚の仲間、海藻などグループに分かれて作業をしたので、

比較的早く名前調べをすることが出来ました。

アラレタマキビ

水につかるのが嫌いなことで有名な貝で、

潮の引いていない磯でも鉄板ネタです。

マツバガイ

模様がとてもきれいです。

ヒザラガイ

姿形が面白いので私は大好きです。

ホンヤドカリ

この海岸には3種類のヤドカリ類が見られました。

イワガニ

岩の隙間に潜んでいることが多いです。

ハオコゼ

背中にある毒のトゲに注意です!

学校に戻ってからはパワーポイントで調査結果をまとめ、

グループごとに発表をおこないました。

ポスターを手作りした前回とは違い、今回は電子データで結果をまとめたので、

学校外でもより多くの方に「志摩の海の豊かさについて」

伝えることができるようになったと思います。