中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

ニリンソウの遊歩道 大倉新道

2019年05月24日
志賀高原

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

志賀高原には、いろいろなトレッキングコースがあり、体力や時間に応じて選ぶことができるので、いろいろな方が楽しめると思います。

今回は、高低差がほとんどなく約1時間で歩ける「大倉新道(おおくらしんどう)」というトレッキングコースを紹介します。5月23日に歩きました。

この時期の目当てはニリンソウです。残念ながら、今年は開花が遅く、咲いているものはわずかでした。

<もうしばらくすると、写真中央の平坦な場所がニリンソウのお花畑になります。>

このほかにも早い時期に咲く花を見ることができました。

<上左:エンレイソウ、上右:ミズバショウ、下左:ヤマエンゴサク、下右:オオカメノキ>

また、このコースは志賀山などの山並みも見どころの一つです。

<左のピークのほうがわずかに高く裏志賀山と呼ばれています。右のピークが志賀山。>

「大倉新道」の場所は、高天ヶ原(たかまがはら)地区の西にある西館山(にしだてやま)の西側です(下図の赤い線)。パノラマパーキングと西発哺地区を結びます。西発哺近くでは西館山スキー場のゲレンデを歩きます。

【5月23日時点での注意点】

・まだ誘導標識が設置されていませんでした。西館山スキー場のゲレンデを歩く際は、進行方向にご注意ください。

・トレッキングコースが西館山スキー場のゲレンデと合流する地点では、まだスキーの転落防止ネットが張られたままでした。ネットをくぐるなど通過に工夫が必要です。

・ぬかるむ箇所がありました。また、約3m×2箇所だけ残雪の上を歩きました。

・トレッキングでは、足元や持ち物の準備をして、けがをしないように注意してください。