中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

志賀高原では、まだまだスキーできます

2019年05月08日
志賀高原

こんにちは、上信越高原国立公園の志賀高原です。

私が自然保護官(レンジャー)とともに執務している志賀高原自然保護官事務所は、上信越高原国立公園の標高約1,500mにあります。雪解けが進み、ようやく春らしくなってきました。

4月15日に撮影した右の写真と今日(5月8日)撮影した左の写真を比べると、

・事務所のすぐ近くにある蓮池(はすいけ)の水面が見えるようになりました。

・除雪でできた道路脇の雪の山や、斜面のスキーコースの雪もほとんど解けました。

でも、シラカバなどの落葉樹にはまだ葉が出ていません。

<左:5月8日撮影、右:4月15日撮影>

<事務所への進入路入口には、まだ1メートルほどの積雪があります。5月7日撮影。>

さて、志賀高原内でもより標高の高いところにある渋峠・横手山付近のスキー場と熊の湯付近のスキー場は、5月末まで営業予定です。スキー場のSNSなどを見ると、まだ雪質は良く、積雪も十分にあるとのこと。

ぜひ、お出かけいただき、国立公園を利用してください。

なお、お出かけの際に注意が必要な点があります。

■国道292号の渋峠(標高2,152メートル)付近は標高が高いため路面凍結のおそれがあります。通行の際はスタッドレスタイヤ等滑り止めを携行してください。

■群馬県側から国道292号の通行は朝8時から夕方5時まで可能です。ただし、一部区間に駐停車禁止や通行可能車種(歩行者、自転車、オートバイ、オープンカー は通行できない)などの規制があります。また、天候や火山活動の状態により通行止めとなることがあります。

一方、万座温泉経由では通行は常時可能ですが、125cc以下のオートバイ(自動二輪、原付)、自転車及び歩行者は通行できません。

なお、山ノ内町側から国道292号の通行規制はありません。