中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

藤前干潟のシーズンがやって来ました!

2018年05月16日
国指定藤前干潟鳥獣保護区

みなさま、藤前干潟からこんにちは。

ご無沙汰しておりましたが、アクティブ・レンジャーの西部です。

4月に入ってからバタバタしており、なかなかAR日記を書けなかったのですが、

そんな中でも、巡視の際には写真をパチパチと撮影しておりましたので、藤前干潟の近況をお伝えしたいと思います!

名古屋自然保護官事務所からのお知らせもありますので、チェックしてくださいね!

藤前干潟 オオヨシキリ

<5月16日 オオヨシキリ:この場所がお気に入りなのか、何度もとまってアピールしていました>

藤前干潟 アシハラガニ

<5月16日 アシハラガニ:まだ小さなアシハラガニを発見!>

4月から5月の藤前干潟は、春の渡り鳥飛来シーズンで干潟がにぎやかになるのと同時に、土の中でじっとしていた生きものたちも起き出してきて、いろんなところで生きものの息吹を感じる季節でもあります。

4月の中頃、新しく着任した山﨑ARに巡視をかねて藤前干潟鳥獣保護区を紹介して周っていたところ、動き始めたトビハゼにも遭遇。しばらく観察していると、リラックスしている雰囲気だったのに突然、気配を察したのか巣の中へダイブっ!

トビハゼのジャンプ力ってほんとにすごい!と感動しました。

藤前干潟 トビハゼ 藤前干潟 トビハゼジャンプっ

<4月18日 トビハゼ:リラックスムード(左)、、、からの、ジャ~ンプっ(右)>

生きもの達を観察するのはとても楽しいですね。

時間を忘れて見入ってしまいます。

これからの季節は熱中症も心配になる季節ですから、もしも屋外で生きもの観察をされる方は、十分な準備をしてお出かけくださいね。

ちょっと暑いのは・・・と言う方は、ぜひ、藤前活動センター、稲永ビジターセンターへ!

両センターには、生きもの水槽の展示もありますし、センタースタッフの解説も聞けますよ。

藤前活動センターでは、ただいま、写真家の戸塚学氏による写真展も開催中です。

私の個人的なイチオシは、藤前活動センター外にある舟水槽!

観察会などで採取した生きものの一部をこちらに入れて、干潟観察会などに参加できない方にも知ってもらえるよう展示してあります。

藤前活動センター 藤前園地

<戸塚氏写真展会場>             <外には気持ちの良い園地>

藤前活動センター 船水槽

<私のイチオシ!舟水槽!>

●そのほか、藤前干潟からのお知らせ

1.環境省レンジャー写真展2018 中部の自然

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

伊勢志摩国立公園、白山国立公園、国指定藤前干潟鳥獣保護区で 働く環境省職員「レンジャー」と「アクティブ・レンジャー」が、日々仕事の中で目にする美しい自然を写真で紹介します。

 日 時:平成30年6月1日(金)-7月1日(日)

 場 所:碧南海浜水族館・碧南市青少年海の科学館 1階スロープ(愛知県碧南市浜町2番地3)

 入場料:無料

 問合せ:環境省 名古屋自然保護官事務所(TEL:052-389-2877)

レンジャー写真展チラシ

2.環境省レンジャー写真展2018 レンジャー来場日のお知らせ!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 レンジャー写真展開催期間中の1日だけですが、レンジャーが来場します!

 この日には、藤前干潟の生きものちぎり絵ワークショップも実施しますよ。

 日 時:平成30年6月24日(日)

     1回目:11:00~12:00、2回目:13:30~14:30

 場 所:碧南海浜水族館・碧南市青少年海の科学館(愛知県碧南市浜町2番地3)

対 象:一般(幼児~大人)

 参加費:無料

3.藤前干潟ふれあい事業

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

毎年、藤前干潟ふれあい事業実行委員会(事務局:名古屋市)が実施している藤前干潟ふれあい事業では、年間を通して、藤前干潟はもちろんのこと、干潟に関わる文化や歴史など、様々なテーマの学びがあります。

我々名古屋自然保護官事務所は、3回、講座を担当します!

ぜひ、今年も皆さま、ご参加ください。

藤前干潟ふれあい事業のHP:http://www.city.nagoya.jp/kankyo/page/0000088964.html

藤前干潟で、皆様にお会いできるのを楽しみにしています!