中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

藤前干潟写真展@東邦ガス・ガスエネルギー館が終了しました。

2018年03月22日
国指定藤前干潟鳥獣保護区

皆さま、春めいてきた藤前干潟から、こんにちは。

アクティブ・レンジャーの西部です。

とはいえ、今日も寒いです。

藤前干潟 マガモ♂

<のんびりと石の上で休むマガモ♂:良く見られるカモですが、改めて、とてもキレイな羽色ですね>

先日(3/19)、東邦ガス・ガスエネルギー館で開催していた藤前干潟の写真展が終了しました。

今回は初めて、名古屋自然保護官事務所と藤前干潟ふれあい事業実行委員会がコラボして写真展を実施しましたが、藤前干潟の写真がズラーっと並ぶところを見る機会はあまり無いので、さながら藤前干潟図鑑、といった感じでした。

それにしても、藤前干潟ふれあい事業実行委員会の写真展は、一般の方からの公募作品で構成されているのですが、皆さま、素晴らしい写真ばかり!

レンジャー、アクティブ・レンジャーの写真は、業務中の写真とはいえ、やはりもっと精進しなければいけないと反省しました。

藤前干潟 ベニマシコ

<ベニマシコ♂:鳥獣保護区管理員さんからいつもこの子たちが飛来すると教えて頂くのですが、ようやく会うことが出来ました!>

藤前干潟 ミサゴ

<ミサゴ:事務所からは遠くからしか見られませんが、巡視の時にはこんなに近くから観察出来ることも!>

藤前干潟 コチドリ

<コチドリ:のんびり餌を食べているところに出会いました!>

藤前干潟 オオタカ幼鳥

<オオタカ幼鳥:人の少ない日に出てくるようです。木の上でぼーっとしていましたが、ハトが来るとすぐさま追っかけて飛び去って行きました!あっという間の出来事でカメラも構えられず!>

藤前干潟は、これから春の渡りシーズンに入って来るので、鳥たちで賑やかになることでしょう。

もちろん、干潟の小さな生きものたちも賑やかに動き始めます!

この間、定点調査の時に干潟を見て回ったところ、すでにチゴガニやコメツキガニが活動を始めており、

干潟には泥団子が沢山出来始めていました!

来年度もイベントなどのお知らせをこまめにご案内していきたいと思っていますので、

ぜひチェックして、藤前干潟に遊びに来てくださいね。

名古屋自然保護官事務所のAR日記へのご意見・ご感想がございましたら、ぜひメールをお願い致します。

→ WB-NAGOYA@env.go.jp