中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

アカガエルの産卵が始まりました!

2018年01月24日
伊勢志摩国立公園

伊勢志摩国立公園から、早くも春を感じさせる話題です。

アカガエルはまだ寒い冬の間に冬眠から目覚め、水辺で産卵をするカエルです。

今年は1月18日の調査で、最初の産卵を確認することが出来ました。

アカガエルの卵は、およそ300個から800個くらいの卵が集まった塊になっています。

浅い水辺に産み落とされたものを、一つ一つ持ち上げて確認します。

このように卵塊が崩れずに持ち上がるのは、ニホンアカガエルの卵です。

ヤマアカガエルの卵は、持ち上げると崩れてしまいます。

確認した卵塊には、日付を書いたマークをつけておき、

無事にふ化するように見守ります。

まだ寒い冬の水辺ですが、アカガエルの卵を探しに出かけてみませんか?