中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

速報! ☆乗鞍岳の紅葉の見頃が始まりました☆

2017年09月26日
中部山岳国立公園

乗鞍岳へ長野県側から上る乗鞍エコーラインの紅葉の見頃が始まりました!

 

摩利支天バス停少し上付近から冷泉小屋バス停までの車道沿いはすでにかなりきれいに発色しています。

この辺りの車道沿いは赤と黄色が鮮やかでほんとにきれいですよ♪

(9月25日撮影)

 

 

冷泉小屋付近の沢 ~ 発色のピークまでもうひといき!

(9月25日撮影)

 

冷泉小屋より上も鮮やかになってきましたが、もうひといきですかね。

今週半ばは雨と寒気の予報になっていますので、今週末頃はかなりいい色になるのではないでしょうか。

(9月25日撮影)

 

 

上から見てもだいぶ紅葉が進んできていてパッチワークになってきました。

(9月25日畳平から肩の小屋への車道から撮影)

 

大黒岳から位ヶ原山荘へかけての斜面も黄金色の流れのようになってきています。

(9月25日富士見岳付近から撮影)

 

~紅葉お楽しみ♪乗鞍アクティブレンジャーのおすすめプラン♪♪~ 

☆1 長野県側のエコーラインをシャトルバスで畳平まで上がり、紅葉を楽しみながら

車道をのんびりと歩きながら下りる。疲れたら適当なところからバスに乗る。

バスからの眺めは視点が高くなり、歩いている時とは違った紅葉の風景が楽しめますよ。

上りはバス、下りは歩きにすると同じ場所でも2回おいしい♪

 

☆2 長野県側のエコーラインをシャトルバスで位ヶ原山荘まで上がり、そこから紅葉を

楽しみながら車道を歩いて畳平へ向かう。 天気が良ければ剣ヶ峰まで足を伸ばす。

 

☆3 岐阜県側からスカイラインをシャトルバスで上がり、桔梗ヶ原バス停で下車し、

大黒岳へ登ってから長野県側へ車道を歩きで下りる。

天気が良い時の乗鞍スカイラインからは穂高連峰の眺めが雄大で紅葉に負けず劣らず素敵なんですよ!

 

紅葉を楽しむには、雲が湧きづらく、光線の具合がよい午前中がよいです。

また、乗鞍岳で紅葉を愛でるには、エコーライン(車道)を歩くのがおすすめです。

ただし、車や自転車には十分にご注意くださいね。

  

さあ、みなさん、今週末はぜひ乗鞍岳へお越し下さい!