中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

野尻湖クリーンラリーの裏側

2017年08月31日
戸隠

8月30日は毎年恒例の野尻湖クリーンラリー。今年で25回目になります。信濃小中学校の小学5年生に野尻湖や水の環境について関心を高めてもらうための環境学習を行いました。

 

今回はその裏側も紹介します!

できるかぎり実物を見て欲しいという思いもあり、野尻湖ナウマンゾウ博物館や長野県・信濃町の職員の方々と一緒に朝から水生生物の採取を行いました。

01水生生物採取中 02獲れたかしら?

 

川は冷たいですが、ヘビトンボの幼虫やカジカなどが採取できました!

03ヘビトンボの幼虫 04カジカ

 

さて、子どもたちと合流して遊覧船に乗船。

説明中、子どもたちはメモをすごく一生懸命とります!えらい!

05いざ乗船! 06しっかりメモメモ

 

ここでも、裏方が活躍!子どもたちが透明度板を湖に落としている時、船の下に板が隠れないようにロープを船から離す人がいます。

07透明度調査中 08裏方はロープを船から離す係

 

水深による水の温度の違いを確かめる実験のために、小型船で水の採取をする方々もいます。深い場所の水をとる引き上げ作業がとっても重労働!

09水温調査中 10水温調査のための調査船

 

下船後、体育館では各ブースで専門家の方々から色々なお話を聞きます。ここでも子どもたちは、とても真剣に話を聞いてメモをとっていました!前日に採取したブラックバスも大活躍♪

11国立公園ブース 12ブラックバスも活躍!

 

色々な裏方の大人の活躍もあって、今年も野尻湖クリーンラリーは大成功!

信濃町の子どもたちにとって少しでも「国立公園 野尻湖」を誇りに思ってもらえるきっかけになれば嬉しいです(^▽^)♪

 

野尻湖ナウマンゾウ博物館は9月4日(月)からリニューアルのため休館です。