中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

ライチョウの様子

2017年05月29日
中部山岳国立公園

こんにちは、立山自然保護官事務所の中山です。

平地では30℃近くにもなる暑い日もありますが、標高2450m程度の立山室堂は未だに豊富な残雪に覆われています。

暑さや雨により雪解けが進み、「ハイマツ」という背丈が低いマツの木が目立つようになりました。

そのハイマツ周辺やハイマツ帯の中で、種の保存法により国内希少野生動植物種に指定されている「ライチョウ」をよく見かけます。

ハイマツ周辺だけでなく、岩の上でオスが見張りをする姿や雪の少ない場所で番(つがい)で行動する姿も見かけます。

【見張り中】512日撮影

一際目立つところで動き回って周辺を見回していました。縄張りを守るための見張りをしていたのかと思います。

見張り中

【番で行動中】524日撮影

オス(右)がメスの後をつくような形で、草をつっついていました。

番で行動中

ここで皆様に、ライチョウを観察・撮影するときのお願いがあります。

○これからライチョウは卵を産み、子育ての時期に入ります。あまり近づきすぎないよう、少し離れて見守るようにしましょう。

○雪解けがさらに進むと、ハイマツ以外の植物もどんどん見えてきます。ライチョウにとってはそれらの植物がエサとなりますので、植物を踏み荒らしたり採取したりしないようにしましょう。