中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

海で遊ぼう!

2017年05月01日
伊勢志摩国立公園

中部地区の山の国立公園ではようやく雪解けの便りが届き始めましたが、

伊勢志摩国立公園からは早くも海へのお誘いです。

春は日中に大きく潮が引くので、磯や干潟での生物観察に最適な季節です。

水はまだ冷たいですが、日中の気温は十分に暖かく、

海岸の日差しは暑いくらいに感じられます。

先日、体験プログラムの候補地を探しに南伊勢町の海岸へ行ってきました。

そこは、森の中を15分ほど歩いた先にある海岸です。

大きなリアス海岸の湾口近くにあり、

対岸には特別保護地域の見江島が見えます。

大きな岩に囲まれた磯です。

中央の島が見江島です。

泳げるくらい大きなタイドプールもあります。

タイドプールの中には数百匹のイワシの仲間が群れで泳いでいました!!

アメフラシです。

ムカデミノウミウシです。

伊勢志摩国立公園では、横山ビジターセンターの自然観察会として

5月28日(日)に「干潟の生き物観察会」が、

6月25日(日)に「タイドプールの生き物ワールド」が開催されます。

どちらも開催の1か月前から参加受付が開始されます。

ぜひ御参加ください!