中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

JPR事業@伊勢神宮

2016年09月08日
伊勢志摩国立公園

9月3日に子供パークレンジャー事業

「神宮の森をレンジャーと歩く-自然とのつながり-」を行いました。

子供パークレンジャー事業とは、

環境省のレンジャー(自然保護官)と一緒に

自然観察や環境学習を体験するプログラムです。

 

はじめにレンジャーの仕事や国立公園についての話をしてから、

参加者15名を今日一日レンジャー活動の体験をしてもらう

「子供パークレンジャー」に任命しました。

 

まずは神宮を参拝しながら森の機能や

神宮が行っている森づくりについて学びます。

講師には神宮司廳から「森の番人」に来ていただきました。

 

続いて宮域林を歩きながら植物の観察をしました。

ウラジロというシダを観察しているところです。

 

お昼ご飯は五十鈴川の清流の元で食べました。

全員で記念写真です。

 

最後に森の管理の体験として

木の丸太切りを行いました。

 

今回の体験を通して、

自分たちの生活と自然とのつながりや、

森を守ることの大切さについて

気付いてもらえたと思います。