中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

ジオパーク新潟国際フォーラム開催報告

2016年08月05日
妙高戸隠連山国立公園

妙高高原は梅雨が終わり、気持ちの良い青空がひろがるようになり、夏休み本番といった感じです。

夏休み序盤の7/277/28に朱鷺メッセでジオパーク新潟国際フォーラムが開催され、環境省では「体験!国立公園とジオパーク」のブース出展を行ないました。

国立公園にすむライチョウなどの動物をおりがみでつくる「どうぶつおりがみ」、国立公園で楽しめるお花や動物のスタンプを使ってオリジナルのカードを作成する「記念カード」、国立公園に詳しくなれる「国立公園クイズ」の3種類を用意していざ!本番!

どうぶつおりがみを体験する子供達で大賑わい

どのスタンプを押そうかな記念カードづくり

 

ごらんのとおり、ブースは常に満員、満員の大盛況で

環境省ブースには約1000名のこどもたちが遊びにきてくれました!

ご来場いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

レンジャーが折り紙の作り方をレクチャー中

 

苦労して作った分、いきものの名前をたくさん覚えたね。

体験を通して覚えたたくさんのいきもの達に実際に出会える妙高高原にもぜひ遊びにきてくださいね。

 

国立公園にすむどうぶつおりがみ

 

このイベントでこどもたちに大人気だった「どうぶつおりがみ」はこちらの山の日イベントでも体験できますよ。「ライチョウ」「オオルリ」「モリアオガエル」「アカショウビン」をおりがみで作ることができます。新潟は遠くて行けなかった!という長野方面の方はぜひこちらにも足を運んでください。