中部地方のアイコン

中部地方環境事務所

アクティブ・レンジャー日記 [中部地区]

環境省レンジャー写真展2015@フィールドセンター「もりの学舎」

2015年11月17日
名古屋

藤前干潟から、こんにちは。

11月中旬とは思えない暖かい日が続いていますね。
ヒドリガモ



今日は、

「環境省レンジャー写真展2015 レンジャーが見た中部の自然」

のお知らせをしたいと思います。



6月の伊勢志摩国立公園からスタートしたレンジャー写真展。

白山国立公園での開催を終え、名古屋自然保護官事務所の担当回となりました!

実は、10月に入ってすぐに岐阜市でも開催していたのです、が。

このAR日記で速報をお伝えすることが出来ず申し訳ありませんでした。

気を取り直して、

11月のレンジャー写真展は、岐阜から場所を移して開催です。

場所は、愛・地球博記念公園内フィールドセンター「もりの学舎(まなびや)」です。

愛・地球博記念公園 フィールドセンターもりの学舎



この写真展は、中部地方環境事務所の管内にある「伊勢志摩国立公園」、「白山国立公園」、「国指定藤前干潟鳥獣保護区」の3つの現場で働くレンジャーとアクティブ・レンジャーが撮影した風景や生き物の写真を展示しています。

伊勢志摩国立公園は、この3箇所の中では今一番ホットな場所!ですね。来年は、国立公園指定70周年に加えて、伊勢志摩サミットでも注目されています。

白山国立公園は日本でも屈指の美しい霊峰白山を中心とした国立公園です。花の名山としても有名です。



さて、3箇所の中で、皆さんが、タイトルにもなっている"中部の自然"のイメージに

最も遠い印象を受けるのは藤前干潟かもしれません。

名古屋港の一角に残された藤前干潟は、まさに工場地帯の中にぽっかりと残る貴重な自然干潟。とはいえ、干潟って何にも無い、ように見える場所ですよね。

さらに、藤前干潟の周辺は、高速道路や工場、大きな自動車輸送船等が行き交う港、、、

など、自然よりも人工物のほうが馴染みのある場所。



そんな藤前干潟ですが、一歩干潟の中に入って、ヨシ原の中に入って、

注意深くのぞいてみると沢山の生き物に出会うことが出来るのです。

拙い写真ですが、少しでも皆さんに興味を持って頂けたら嬉しいです。



■環境省レンジャー写真展2015 レンジャーが見た中部の自然

写真展チラシ

開催場所:愛・地球博記念公園 フィールドセンター「もりの学舎」

開催期間:2015年11月14日(土)~12月6日(日)

※詳しくは、中部地方環境事務所のHP をご覧ください。



●直近のイベント

稲永ビジターセンターでカワウについて学べる講演会があります。

詳しくは、前回のAR日記"秋の藤前干潟のイベント情報"をご覧ください!

※11月の潮だまり観察会は終了しています。