「日本のいのち、つないでいこう」

~COP10までに生物多様性を予習しよう!
環境省アクティブ・レンジャーが綴る、日本のいのち~アクティブ・レンジャーが綴る、日本のいのち~

「日本のいのち、つないでいこう」

2010.7.9 中部地方環境事務所

 いよいよCOP10の開催が近づいてきました。
 COP10では、私たちが『地球のいのち』をどのように守っていくか、その恵みを末永く享受していくためにはどのようにすればよいか、多くの国の人々が議論をします。

 「地球のいのち」について考えるというのは難しそうですが、それは、それぞれの国で自分の身近ないのちについて考えることの積み重ねでもあります。

 でも、「日本のいのち」について、私たちは、まだまだ知らないことがあると思いませんか。

 環境省には、アクティブ・レンジャーという職員がいます。
 彼らは、日本各地の国立公園や鳥獣保護区で、自然解説、調査活動、希少動植物の保全活動などを行う、いわば日本の自然の最前線で働いている人たちです。

 そこで、日本の自然を毎日肌で感じている環境省のアクティブ・レンジャーに、『日本のいのち』について語ってもらおうというのがこの企画です。
 COP10に向けて、カウントダウンをしながら、アクティブ・レンジャーと一緒に日本の生物多様性について勉強し、「日本のいのち」さらには「地球のいのち」について考えるきっかけにしてください。

<1日前>

<10日前>

<50日前>

<100日前>

※関連情報※

☆「九州・沖縄いきものリレー」について
九州地方環境事務所においても、国民の生物多様性に対する関心を高めるための取組の一環として、アクティブ・レンジャー(自然保護官補佐)が日頃の業務で撮影した各地区の様々な生き物を、アクティブレンジャー日記で紹介する「九州・沖縄いきものリレー」を実施しています。 九州各地の生き物の個性的な姿を、バトンをつなぐように次々と紹介しておりますので、ぜひご覧ください。
詳細を見る

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 近畿自然歩道フェイスブック(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
   
中部カンファレンス(リンク) 
EPO中部(リンク)
エコアクション21(リンク)
  
伊勢志摩国立公園指定七十周年(リンク)
  
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター(リンク)
国指定鳥獣保護区・ラムサール条約湿地 藤前干潟 ~人と自然をつなぐ翔橋~(リンク)
ページ先頭へ