地球温暖化に関する中部カンファレンス

中部地方環境事務所では、地球温暖化対策を推進している自治体、事業者等を対象に、また、家庭等において実践しようとしている方を対象に、「地球温暖化に関する中部カンファレンス」を開催しています。

※中部カンファレンスの開催により会場等で排出されるCO₂は、中部7県のクレジットを使用し、できる限りカーボン・オフセットをしています[第3回&第6回以降]。

※講師説明資料をWebページに掲載し、ペーパーレス化の取組を推進しています[第6回以降]。

【申込み受付中!】第7回地球温暖化に関する中部カンファレンス~緩和と適応へのアプローチ:ダイベストメントとカーボンバブルへの適応を考える~を開催します

  • 参加申込みを開始しました。詳細は下記ページをご確認ください。(H29/1/26)
【開催案内】「第7回地球温暖化に関する中部カンファレンス~緩和と適応へのアプローチ:ダイベストメントとカーボンバブルへの適応を考える~」を開催します

第7回のカンファレンスでは、気候変動リスクを踏まえた世界の動向のひとつとして、海外では既に、大手金融機関、機関投資家が、石炭等の化石燃料を「座礁資産」と捉え、投融資を引き上げる動き(ダイベストメント)や、保有株式等に付随する権利を行使する等により投融資先企業の「取組」に影響を及ぼす動きが起きています。

今後、CO₂の大幅削減を求められた場合、我が国においても避けられない影響に対して、「座礁資産」それに係る「ダイベストメント」、「エンゲージメント」とは何か。また、化石燃料を必要とする資産等を所有する企業や家庭がどのように適応すべきかのヒントを、世界の動向と我が国の現状と方向性についての最新情報を説明します。

1 開催日時等

開催日:平成29年3月2日(木)13:10~16:55 (開場、受付開始12:50)

会 場:名古屋国際センター別棟ホール(名古屋市中村区那古野一丁目47番1号)

2 プログラム

【基調講演】気候変動COPから見られるビジネス界等の潮流(仮題)

名古屋大学大学院環境学研究科教授 高村 ゆかり

【講演】最近の気候変動リスクに関するダイベストメントとエンゲージメント活動の動向

(株) 伊藤リサーチ・アンド・アドバイザリー代表取締役 兼 アナリスト 伊藤 敏憲

【講演】脱炭素社会に向けた、今後、ノンステートアクターに期待すること(仮題)

環境省地球環境局地球温暖化対策課長 松澤 裕

※プログラムの詳細等については、こちらのページをご確認ください。→【開催案内】「第7回地球温暖化に関する中部カンファレンス~緩和と適応へのアプローチ:ダイベストメントとカーボンバブルへの適応を考える~」を開催します

第6回 地球温暖化に関する中部カンファレンス~COP22の結果及び今後の我が国の方向性と国内の施策展開~を開催しました

第6回のカンファレンスでは、平成28年11月7日からモロッコ・マラケシュで開催されました気候変動枠組条約第22回締約国会議(UNFCCC/COP22)の出席者が、COP22の交渉結果と今後の気候変動交渉の展望、COP22を踏まえた今後の我が国の方向性と国内の施策展開を最新情報として説明しました。

1 開催日時等

開催日:平成28年12月19日(月)13:20~16:55

会 場:名古屋国際センター別棟ホール

2 プログラム

【基調講演】マラケシュ会議(COP22)の結果と今後の気候変動交渉の展望[PDF2,525B]

名古屋大学大学院環境学研究科教授 高村 ゆかり

【講演】COP22を踏まえた今後の方向性と国内の施策展開[PDF6,490KB]

[ファイル分割版] その1[PDF3,768KB]・その2[PDF3,201KB]・その3[PDF3,975KB]

環境省地球環境局国際連携課国際地球温暖化対策室長 木野 修宏

※プログラムの詳細等については、こちらのページをご確認ください。→トピッックス:「第6回地球温暖化に関する中部カンファレンス~COP22の結果及び今後の我が国の方向性と国内の施策展開~」を開催します

第5回 地球温暖化に関する中部カンファレンス~緩和と適応へのアプローチ:持続可能な地域づくりを考える~を開催しました

第5回のカンファレンスでは、今後、地球温暖化の影響も含めて予測される様々な事象に対して、どのように持続可能な地域づくりを推進していくのかを、我が国の温暖化対策の方向性の一端として説明しました。

1 開催日時等

開催日:平成28年9月1日(木)13:25~17:00

会 場:名古屋国際センター別棟ホール

2 プログラム

【講演】 G7伊勢志摩サミットと富山環境大臣会合の成果[PDF2,046KB]

環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部産業廃棄物課 課長補佐 福井和樹

(前 「2016年G7環境大臣会合」開催準備室主査)

【講演】 地域における地球温暖化対策の更なる前進に向けて[PDF5,659KB]

[ファイル分割版] その1[PDF3,867KB]・その2[PDF3,697KB]

環境省総合環境政策局環境計画課 課長補佐 新原修一郎

【フレーミングプレゼンテーション】 持続可能な地域づくりを考える[PDF5,602KB]

[ファイル分割版] その1[PDF3,683KB]・その2[PDF3,215KB]

イクレイ(ICLEI)-持続可能性をめざす自治体協議会

一般社団法人イクレイ日本 事務局長 大塚隆志

【講演】 都市と建物分野の低炭素化:東京と世界の大都市の施策[PDF3,798KB]

東京都 環境局総務部環境政策課国際環境協力担当主任 西田裕子

【講演】 交通分野からの低炭素化の取り組み~公共交通を軸としたコンパクトなまちづくり~[PDF4,111KB]

[ファイル分割版] その1[PDF2,170KB]・その2[PDF2,106KB]

富山市 環境部環境政策課 副主幹 東福光晴

【講演】 再生可能エネルギーを活かしたまちづくり~飯田市「地域環境権」条例~[PDF5,513KB]

[ファイル分割版] その1[PDF3,082KB]・その2[PDF2,858KB]

飯田市 市民協働環境部環境モデル都市推進課長 塚平賢志

【パネルディスカッション】

※プログラムの詳細等については、こちらのページをご確認ください。→トピッックス:「第5回地球温暖化に関する中部カンファレンス~緩和と適応へのアプローチ:持続可能な地域づくりを考える~」を開催します

第4回 地球温暖化に関する中部カンファレンス~緩和と適応へのアプローチ:防災を考える~を開催しました

第4回のカンファレンスでは、今後、温暖化の影響により予測される気象等の災害と、それに対する「防災」について、複雑多岐にわたる適応策の一端を、我が国の温暖化対策の方向性として説明しました。

1 開催日時等

開催日:平成28年7月8日(金)13:30~16:45

会 場: ウインクあいち(愛知県産業労働センター)10階1001号室

2 プログラム

【講演】 生態系を活用した防災・減災に関する考え方[PDF4,603KB]

[ファイル分割版] その1[PDF3,458KB]・その2[PDF1,732KB]

環境省 自然環境局自然環境計画課生物多様性地球戦略企画室 課長補佐 荒牧まりさ

【講演】 国土交通省の気候変動適応計画[PDF6,830KB]

[ファイル分割版] その1[PDF3,488KB]・その2[PDF3,697KB]

国土交通省 総合政策局環境政策課交通環境・エネルギー対策企画官 横井貴子

※プログラムの詳細等については、こちらのページをご確認ください。→トピッックス:「第4回地球温暖化に関する中部カンファレンス~緩和と適応へのアプローチ:防災を考える~」を開催します

第3回 地球温暖化に関する中部カンファレンス~緩和と適応へのアプローチ:食糧を考える~を開催しました

第3回のカンファレンスは、まず第1部では、昨年12月に合意されたパリ協定において温室効果ガスの削減策として高く評価された「市場メカニズムの活用」の具体的な施策事例としての「カーボン・オフセット」をテーマとして、各地の実践事例を基に展開しました。また、第2部では、地球温暖化の影響に対する適応策として注目される食糧問題や、温暖化対策の方向性について説明しました。

1 開催日時等

開催日:平成28年3月15日(火)10:00~16:00

会 場:名古屋国際センター 別棟ホール

2 プログラム

| 第1部 カーボン・オフセットとJ-クレジット|

【講演】 平成28年度環境省地球環境局市場メカニズム室の事業説明[PDF1,749KB]

環境省 地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室 池田成輝

【講演】 木曽町J-クレジット ~木曽川上流域からきれいな水を~プロジェクト[PDF541KB]

長野県木曽町役場農林振興課 小野太地

【講演】 普段のお買い物を通して環境貢献!もっと身近にカーボン・オフセット~EVIを活用した環境貢献事例~[PDF1,067KB]

カルビー株式会社 カルネコ事業部事業部長 加藤孝一

| 第2部 地球温暖化対策の方向性と食糧を考える |

【講演】 中長期的な地球温暖化対策の方向性[PDF774KB]

環境省 地球環境局総務課低炭素社会推進室長補佐 安田將人

【講演】 農林水産省気候変動適応計画[PDF265KB]・農林水産省気候変動適応計画について[PDF849KB]

農林水産省 大臣官房政策課環境政策室 環境企画官 酒井一有

【講演】 農業生産における気候変動対策の取組[PDF622KB]

農林水産省 生産局農業環境対策課 課長補佐(地球温暖化対策推進) 西睦夫

※プログラムの詳細等については、こちらのページをご確認ください。→トピッックス:「第3回地球温暖化に関する中部カンファレンス~緩和と適応へのアプローチ:食糧を考える~」を開催します

第2回 地球温暖化に関する中部カンファレンスを開催しました

第2回のカンファレンスは、平成27年12月にフランス・パリで開催されます気候変動枠組条約第21回締約国会議(UNFCCC/COP21)の交渉者及び出席者等が、2020年以降の新たな排出削減等の枠組み構築のための交渉の結果と今後の国際交渉等の方向性、また、我が国の温暖化対策の方向性を最新情報として説明しました。

1 開催日時等

開催日:平成28年1月15日(金)13:30~18:20

会 場:ウインクあいち 10階1001号室

2 プログラム

【基調講演】 パリ会議の結果と今後の気候変動交渉の展望[PDF3,397KB]

名古屋大学大学院環境研究科教授(国際法) 高村ゆかり

【講演】 COP21の成果と今後[PDF2,215KB]

環境省地球環境局国際連携課国際地球温暖化対策室交渉官・室長補佐 増田大美

【講演】 COP21における市場メカニズムに関する交渉結果とJCMの取組み[PDF1,293KB]

環境省地球環境局地球温暖化対策課市場メカニズム室長補佐 伊藤貴輝

【講演】 熱帯林の減少を止める仕組み:REDD+[PDF1,185KB]

国立研究開発法人森林総合研究所REDD研究開発センター長 松本光朗

【講演】 森から世界を変える REDD+プラットフォーム[PDF1,807KB]

独立行政法人国際協力機構(JICA)地球環境部技術審議役 五関一博

【講演】 日本の約束草案~中長期的な地球温暖化対策の方向性~[PDF3,697KB]

環境省地球環境局総務課低炭素社会推進室長補佐 安田將人

※プログラムの詳細等については、こちらのページをご確認ください。→トピッックス:「第2回地球温暖化に関する中部カンファレンス~COP21の交渉結果と温暖化対策の方向性~」を開催します

第1回 地球温暖化・気候変動に関する中部カンファレンス2014を開催しました

今後、予想される国際交渉等の方向性や関係する国内情勢等を、気候変動枠組条約第20回締約国会議(UNFCCC/COP20)の交渉者及び出席者が最新情報として説明しました。

1 開催日時等

開催日:平成27年1月16日(金)13:30~16:45

会 場:ウインクあいち(愛知県産業労働センター)12階1202号室

2 プログラム

【基調講演】 ペルー会議の結果と今後の気候変動交渉の展望

名古屋大学大学院環境学研究科 高村ゆかり教授

【講演】 COP20の結果及び日本政府の対応

環境省地球環境局国際連携課 福井和樹国際地球温暖化対策室長補佐

【講演】 二国間クレジットの最新動向等
【講演】 J-クレジットを活用した環境配慮型商品の開発の支援

環境省地球環境局地球温暖化対策課 伊藤貴輝市場メカニズム室長補佐

【講演】 中長期的な地球温暖化対策の方向性

環境省地球環境局総務課 安田將人低炭素社会推進室長補佐

※プログラムの詳細等については、こちらのページをご確認ください。→トピッックス:「地球温暖化・気候変動に関する中部カンファレンス2014」を開催します

関連リンク

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 近畿自然歩道フェイスブック(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
   
中部カンファレンス(リンク) 
EPO中部(リンク)
エコアクション21(リンク)
  
伊勢志摩国立公園指定七十周年(リンク)
  
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター(リンク)
国指定鳥獣保護区・ラムサール条約湿地 藤前干潟 ~人と自然をつなぐ翔橋~(リンク)
ページ先頭へ