中部地方環境事務所

ここからメニュー ジャンプして本文へ

ここから本文 ジャンプしてメニューへ

TOPICS

中部地方環境事務所報道発表資料>2010年度

【開催予定】「生物多様性流域対話」を開催します!

2010.08.06 環境省中部地方環境事務所

 昨年度、中部地方環境事務所で作成した「生物多様性を支える市民・地域による戦略的地域づくりビジョン」を実践するために、伊勢・三河湾流域の生物多様性の保全とその持続可能な利用を推進するための意見交換の場として、8月22日(日)に岐阜県美濃市において「生物多様性流域対話」を開催します。

1.目的

 本年10月に開催される生物多様性条約第10回締約国会議(以下「COP10」という。)の開催を契機として、中部地方環境事務所では、伊勢・三河湾流域を対象とした生物多様性を支える市民・地域による戦略的地域づくりビジョン(以下「ビジョン」という。)を平成21年度に策定しました。
 上記ビジョンで掲げた目標が地域の取組として自立的に進められるようにするため、伊勢三河湾流域の森、里、川、海の民間団体が集い、交流する場を作ることを目的として「生物多様性流域対話」を開催します。

「伊勢・三河湾流域を対象とした生物多様性を支える市民・地域による戦略的地域づくりビジョン」で掲げた目標
目標1
伊勢・三河湾流域の生物多様性について考えるための場と輪をつくる
目標2
伊勢・三河湾流域の再生に向けて行動する
目標3
伊勢・三河湾流域の再生のための仕組みをつくる

2.開催日時

 平成22年8月22日(日)12:00〜17:00

3.開催場所

 岐阜県森林文化アカデミー 森の情報センター
 (岐阜県美濃市曽代88番地)

4.主催

 環境省中部地方環境事務所

5.共催

 伊勢湾・三河湾流域再生交流会議、伊勢・三河湾流域ネットワーク

6.対象

 伊勢・三河湾流域で生物多様性の保全とその持続可能な利用について取り組む団体の構成員

7.参加費

 無料

8.プログラム

受付:
11:30〜 於 岐阜県森林文化アカデミー 森の情報センター
(1)
「味わって知る」地域のめぐみ(12:00〜)
NPO法人山菜の里いび
(2)
「流域のこれからを考える」全体対話集会(13:00〜)
・ 趣旨説明(環境省中部地方環境事務所)
・ 伊勢・三河湾流域再生調査報告(伊勢・三河湾流域ネットワーク)
話題提供1:
河川上流域の森の再生と地域づくり
話題提供2:
川の再生と生物多様性
話題提供3:
流域の森里川海づくり
閉会:
〜17:00

9.定員

 100名

10.申込み方法

 資料等の事前準備のため、人数をあらかじめ把握させていただきたく、以下により、FAX又は電子メールでのお申込みをお願いします。

・申込み期限:
平成22年8月20日(金)※期限を延長しました。
・記載事項:
(1)
「生物多様性流域対話」参加申込みと明記してください(電子メールの場合は、件名(Subject)欄に記載してください。)。
(2)
住所、氏名、所属団体等、参加人数、連絡先(電話、FAX、電子メールアドレス)を必ず記載してください。
・お申込み先:
環境省中部地方環境事務所COP10推進チーム
担当:桝、森川
・電子メール:
REO-CHUBU@env.go.jp
・FAX:
052-951-8919

11.問合せ先

 環境省中部地方環境事務所COP10推進チーム 担当:桝、森川
 電話:052-955-2131、FAX:052-951-8919

12.案内チラシ

 流域対話チラシ [PDF 568KB]