トピックス(2017年4月〜2018年3月)

2018年02月15日

【開催案内】「第11回地球温暖化に関する中部カンファレンス~ビジネスの自発的な行動と支える社会を考える~」を開催します

 ■講演資料「経済のグリーン化に向けて」を修正しました。〔H30.2.15〕

変更箇所:スライド33以降を修正しました。

 ■講演資料「経済のグリーン化に向けて」のスライドを一部差し替えました。〔H30.2.15〕

変更箇所:スライド12(カーボンプライシングとは)を追加・スライド旧13,14を削除・スライド14(国内外における主なカーボンプライシング制度導入の時期)を追加。

 ■すべての資料を掲載しました。必要な方は印刷、または、ノートパソコン・タブレット等の端末に保存してしてご来場下さい。事前質問を募集中です。〔H30.2.9〕 

 ■講演資料「ESGと企業評価 -投資家の視点から-」、プログラムを掲載しました。〔H30.2.9〕

 ■講演資料「環境にやさしいお買い物は地球を救う・・・ユニーが取り組む SDGs12 持続可能な消費」、情報提供「経済のグリーン化に向けて」を掲載しました。他の資料は準備でき次第掲載します。〔H30.2.7〕

 ■参加申込みの受付、事前質問票の受付を開始しました。〔H30.1.15〕

 中部地方環境事務所では、地域での地球温暖化防止活動の推進を図ることを目的に、「地球温暖化に関する中部カンファレンス」を開催しています。毎回テーマに沿って専門的な知識を有する方々から講演いただき、ディスカッションできる場とすることで、地球温暖化対策への理解と行動の促進を行っています。
 昨年11月に開催された国連気候変動枠組条約第23回締約国会議(COP23)の内容は第10回のカンファレンスで取り上げましたが、COP23の中でも大きく取り上げられたとおり、地球温暖化対策の地域における具体的なプレーヤーは「自治体とビジネス」です。
 第9回では、自治体の自発的な地域施策の実施を目指したカンファレンスを開催しました。
 第11回では、もう一方の重要課題である「ビジネスでの展開」をテーマに、投資・運営側の要請としての「リスク回避・ビジネスの持続発展性」と、消費者側の要請としての「安近短と社会的な正義」のような消費者行動を、金融・ビジネスのそれぞれの立場から講演いただき、ビジネスの自発的な行動とそれを支える社会づくりを考えていきます。

1 開催日時等

開催日:平成30年2月16日(金)13:30~17:00 (開場、受付開始13:00)

会 場:TKPガーデンシティPREMIUM名古屋新幹線口 7階 バンケットホール7B

(愛知県名古屋市中村区椿町1-16井門名古屋ビル)

<会場へのアクセス>

https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/gc-nagoya-shinkansenguchi/access/

※会場へは、公共交通機関等の御利用をお願いします。

CS11会場地図

2 プログラム

プログラム[PDF865KB]

MC:磯谷 祐介

13:30

【開会挨拶及びオリエンテーション】

環境省中部地方環境事務所環境対策課長 永井 均

13:40

【講演】ESGと企業評価 -投資家の視点から-〔PDF3,395KB〕

[ファイルサイズ分割版] その1[PDF1,154KB]・その2[PDF2,905KB]

株式会社りそな銀行アセットマネジメント部 責任投資グループリーダー 松原 稔 様

14:20

【講演】環境にやさしいお買い物は地球を救う・・・ユニーが取り組む SDGs12 持続可能な消費〔PDF3,427KB〕

[ファイルサイズ分割版] その1[PDF1,988KB]・その2[PDF1,725KB]

  ユニー株式会社 環境社会貢献部長 百瀬 則子 様

15:00

【休憩】

15:15

【情報提供】 経済のグリーン化に向けて〔PDF4,513KB〕

[ファイルサイズ分割版] その1[PDF2,922KB]・その2[PDF2,852KB]・その3[PDF3,430KB]

環境省大臣官房環境経済課課長補佐 清水 延彦

15:55

【ディスカッション】

モデレーター 環境省中部地方環境事務所長 三村 起一

予定内容:ビジネスの自発的な行動を促しつつ、それを支える社会をどのように作るか

17:00

【閉会予定】

3 定員

  150名(参加費は無料です)

4 主催

  環境省中部地方環境事務所

5 説明資料等の「ペーパーレス化の取組」を推進しています

 環境省では、環境負荷削減の観点から、各種会議でのペーパーレス化の取組を推進しています。「地球温暖化に関する中部カンファレンス」では、上記取組の一環として、資料印刷から排出されるCO₂をできる限り削減することに取り組んでいます。皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 プログラムを含め講師の方から掲載の承諾を得られた資料については、中部地方環境事務所Webのトピックスの「開催案内」、もしくは「地球温暖化に関する中部カンファレンスのバナー」に掲載しています。紙媒体での資料が必要な方は、お手数ですが印刷のうえ、ご持参いただきますようお願いいたします。

中部カンファレンスバナー

「地球温暖化に関する中部カンファレンス」のバナー:http://chubu.env.go.jp/earth/post_20.html

 ノートパソコン・タブレット等の端末をお持ちの方は、来場の際に掲載された資料を保存してご持参いただく等、ペーパーレス化へのご協力をよろしくお願いいたします。なお、会場から環境省ホームページにアクセスし掲載された資料を閲覧される場合には、ご自身で通信環境をご用意いただくようお願いします。(電源の確保もご自身でお願いします。)

6 参加申込み方法等

1.参加希望の方は、別紙参加申込書に必要事項を記入の上、電子メール、または、FAXで下記のとおりお申し込み下さい。

2.申込みは先着順に受け付けます。定員に達し次第、期限前に受付を締め切ることがありますので、あらかじめ御了承下さい。

3.お申し込み受理の連絡等はいたしません。御参加いただけない方のみ、こちらから御連絡いたしますので、連絡がない場合は、当日、直接会場にお越しください。

    • 申込期限 : 開催日の前日まで
    • 参加申込書 :(別紙)参加申込書[DOC 42KB]   (別紙)参加申込書[PDF 609KB]
    •  ワード版を使用する場合は、右クリックで「対象をファイルに保存」を選び、保存後に入力して下さい。
    • 電子メールで申し込みの方 : REO-CHUBU@env.go.jp
    •  件名に「第11回地球温暖化に関する中部カンファレンス参加申込み」と入力して下さい。
    • FAXで申し込みの方 : FAX:052-951-8889
    •  送り先は「環境省中部地方環境事務所 環境対策課」と記入して下さい。

4.また、カンファレンスの議論内容を明確にし、申し込みいただいた皆様の疑問にお答えできるよう、事前質問を受け付けております。下記の事前質問票に疑問点や聞きたい内容等を記載いただき、電子メール、または、FAXでお送りください。

  • 事前質問票[DOC 32KB]  事前質問票[PDF 472KB]
  • 期限:2月15日(木)17:00まで
  • 期限に間に合わない場合は、当日受付までご持参ください。

7 問い合わせ先

中部地方環境事務所環境対策課 担当:あくつorそやま  TEL:052-955-2134

8 お知らせ

■「中部カンファレンス」をもっとご利用ください

「地球温暖化に関する中部カンファレンス」の総合案内ページを開設しております。

中部カンファレンスバナー

URL:http://chubu.env.go.jp/earth/post_20.html

また、専用バナーを中部地方環境事務所のHPトップに掲載しています。

専用ページでは、

  • 今までご登壇していただきました講師の方々の説明資料等を見ることができます。
  • 「開催案内」や今後の予定をいち早く知ることができます。

※中部カンファレンスでは、地球温暖化対策関係の「話の出所」である方々に講師をお願いしています。会場で聴講されたことや、専用ページに格納してあります資料については、他所でどんどん広げてください。

■カーボン・オフセットに参加ください

 「中部カンファレンス」の開催に伴い、会場で使用する電気等より排出されたCO₂については、中部管内の7県で創出されましたJ-VER及びJ-クレジットにより可能な限りカーボン・オフセットします。皆様もできる部分からオフセットにご協力ください。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 近畿自然歩道フェイスブック(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
中部カンファレンス(リンク)
EPO中部(リンク)
エコアクション21(リンク)
伊勢志摩国立公園指定七十周年(リンク)
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター(リンク)
国指定鳥獣保護区・ラムサール条約湿地 藤前干潟 ~人と自然をつなぐ翔橋~(リンク)
ページ先頭へ