中部地方環境事務所

ここからメニュー ジャンプして本文へ

ここから本文 ジャンプしてメニューへ

TOPICS

中部地方環境事務所TOPICS>2005年度

【開催予定】オオクチバス等防除モデル事業の実施(犬山市内のため池「中島池」の池干し)

2005.11.28 中部地方環境事務所

環境省では、全国的に広範に分布して生態系等に被害を及ぼしているオオクチバス等について、地域の状況に応じて適切な手法により防除を進めるため、関係省庁、地方公共団体、NPO等と連携してオオクチバス等防除モデル事業(以下「モデル事業」)を実施しその結果をマニュアル化し各地の防除に活用することとしています。

その一つとして犬山市でモデル事業を実施することとしており、来たる12月3日(土)には犬山市及び関係団体や市民参加の下で「池干し」とオオクチバス等の除去を行います。

概要

平成17年6月1日から、特定の外来生物を適正に管理し防除を行うことで生態系等への被害を防止することを目的とした「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」(外来生物法)が施行され、生態系等へ被害を及ぼしているか及ぼすおそれのある「特定外来生物」は、必要に応じて防除の計画を定め、計画的な防除を行うこととされています。

環境省では、このような計画的な防除を促進するためモデル事業を実施することとしており、生態系への大きな影響が認められるオオクチバス等(オオクチバス・コクチバス・ブルーギル)については、環境省の所管する保護地域又は環境省レッドリスト掲載種の生息地のうち、オオクチバス等による被害が生じ又は生じるおそれがある水域から犬山市内のため池群を含め全国6箇所のモデル地域を選定しました。

犬山市内には、ため池が157ヶ所存在し希少な魚類や昆虫類が生息しているため池も数多く残されていますが、このようなため池で適切な防除を行うことができれば、その手法や体制等は類似のため池を有する地域の防除の参考となります。

犬山市内のため池群におけるモデル事業は、「犬山市水辺環境研究会(代表:林 進 岐阜大学名誉教授)」が請負実施しており、その一環として本年12月3日(土)には市内の「中島池」において、「中島池のおさかなレスキュー」イベントの一部として、池干しとオオクチバス等の防除を市民の参加を募り行うこととしています。

実施日時

平成17年12月3日(土) 9:00〜12:30

場所

犬山市塔野地字田口洞21番1 『中島池』

参加料

無料

詳細

中島池のおさかなレスキュー(チラシ)[PDF 223KB]

問合せ先

犬山市役所環境部環境課
TEL 0568-61-1800(担当:中村)

環境省中部地方環境事務所野生生物課
TEL 052-955-2139(担当:千葉)