報道発表資料

2017年06月27日

妙高戸隠連山国立公園「夏のイベント・ツアーの一元的発信」について(お知らせ)

 妙高戸隠連山国立公園連絡協議会では今年度、当公園に気軽に足を運び魅力を存分に味わう機会としていただきたく、協議会関係者が実施するイベント・ツアー(以下、「イベント等」とする)の情報を、春・夏・秋・冬の季節ごとに一元的に発信しています。本日、7月~9月の「夏のイベント情報」を以下ウェブサイトに追加しましたので、是非ご覧ください。
http://www.env.go.jp/park/myokotogakushi/guide/view.html
 夏の発信では、「妙高戸隠連山国立公園らしい魅力を味わえる」ほか、「夏らしい・涼しい」「自然を守る」「個性的な地形地質」といったことに主眼をおいたイベントを60程度紹介しています。地域外のみならず地域の方にも足を運んでいただき、地元の国立公園の魅力を再発見する機会としていただければ幸いです。

1.イベント等情報の一元的発信の理由

 妙高戸隠連山国立公園が誕生して3年目となりますが、地域の方でも「妙高戸隠連山国立公園の存在を知らない」「行ったことがない」という方が存在するなど、地域への浸透はまだ十分とは言えません。地域外からの誘客についてもまだ十分な取組みを行っておらず、当国立公園への誘客に関する取組はまだ不足していると言えます。また、これまで各事業者の行うイベント等は個別に発信していましたが、非効率的であることや利用者が情報入手をしにくい、また国立公園のブランドを活かした発信となっていない、といった課題がありました。

 そこで平成29年度は当協議会において、妙高戸隠連山国立公園の存在や魅力を地域内外へ効率的に発信し、誘客を促進することを目的として、当協議会構成員が関係するイベント等を、春・夏・秋・冬の季節ごとに一元的に発信していくこととしました。

2.夏のイベントの概要

 「妙高戸隠連山国立公園らしい魅力を味わえる」ほか、「夏らしい・涼しい」「自然を守る」「個性的な地形地質」といったことに主眼をおいたイベントやツアーを紹介しています。大人も子供も、また、初めて訪れる方もリピーターの方も楽しめるイベントが盛りだくさんです。

■夏らしい&涼しい!:夏山登山、カヌー、川遊び、滝への散策等

■個性的な山々の地形地質にふれる:化石探し、石の標本づくり、ヒスイ講座等

■個性的な山々の動植物を探求する:ブナの巨木ツアー、秋の七草観察会、ヒメボタル観察会、昆虫採集等

■山岳信仰を味わう:古道歩き、伝統的な祭り等

■みんなで守ろう、国立公園の自然:ブラックバス駆除、オオハンゴンソウ駆除等

■大自然の力で癒し効果アップ!:ヨガ、ノルディックウォーキング等

添付資料

■ 問い合わせ先
妙高戸隠連山国立公園連絡協議会
 会長 中山 隆治
(環境省長野自然環境事務所長)

【事務局】
環境省長野自然環境事務所 国立公園課 
課   長 玉谷 雄太
自然保護官 秋本 紘子、梅田 実生子
電   話 026-231-6572
  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 妙高戸隠連山国立公園誕生イベント実施中(リンク)
ページ先頭へ