地域づくりの支援

地域づくりの支援

○サステナブルビジネスの支援

持続可能な社会を実現するためには、地域の企業、自治体、NPO、市民といったさまざまな主体が協働して自然エネルギーや未利用資源の活用・保全といった環境保全に資する事業を展開することで地域社会を活性化し地域社会に変革をもたらす協働事業活動を担う事業型の環境NPOや企業の活躍が必要不可欠であることから、中部地方環境事務所では、一般的に事業性が低いが環境保全効果の高い事業の実施を通じてまちづくりや地域活性化といった地域の経済社会にも付加価値をもたらす事業「サステナブルビジネス」の起業・持続的経営を促すための支援を行っています。

平成25年度

サステナブルビジネスを実施する事業者に対する支援を行っているプロセスマネージャーに対する支援を通じて、支援によってプロセスマネージャーが身につけることのできるスキル等を分析しました。

■プロセスマネージャーとして活動することによって得られるメリットの見える化

冊子:想う歩む動く拓く [PDF 1,605KB]

■プロセスマネージャー活動及び活用のためのマニュアル

パンフレット:プロセスマネージャー活動及び活用のためのマニュアル [PDF 3,246KB]

平成24年度

プロセスマネージャー(事業の伴走者)による支援とネットワークによる地域における恒常的な支援体制の構築を図りました。

冊子:チキュウトイキルヲツナゲルサスビズ/スキルトココロヲツナゲルプロボノ [PDF 8,902KB]
パンフレット:サスプログラムのご案内「地球とイキルをつなげるサスビズ。」[PDF 9,222KB]

○事業型環境NPO等支援実証事業

持続可能な社会を実現するためには、地域の自然エネルギーや未利用資源の活用・保全を通じて地域社会を活性化し、地域の社会変革をもたらす事業活動を担う事業型の環境NPOや社会的企業の活躍が必要不可欠です。しかし、多くの環境NPOは公的資金等に依存し、自立した事業活動を行っているものは非常に少なく、事業型の環境NPOや社会的企業であっても、ビジネスの知見や事業展開に必要なネットワークを備えていない状況にあります。そこで、環境省では「環境NPO等を事業型環境NPO又は社会的企業として発展させていくため、環境関係の民間団体等を公募し、「地域支援事務局」の支援のもと、企業、自治体、金融機関、中間支援組織等と連携しながら全国に普及しうるビジネスモデルの策定を行いました。
中部地方においても、実証事業を平成23年度に実施しています。

平成23年度

実証事業〈事業実施計画書〉
地域の里山資源を使った温泉エコESCO普及事業(NPO法人地域再生機構)
未利用資源循環型ビジネスモデル構築のための地域コーディネート事業 (有限会社 オズ) [PDF 5,109KB]
地域支援
環境ソーシャルビジネスを応援したい人のためのマネジメント支援 ・ ノウハウ集
表紙 [PDF 2,411KB]本文 [PDF 6,022KB]

○コミュニティ・ファンド

環境省では、地域において環境保全などの社会的な事業(環境コミュニティ・ビジネス)が、コミュニティ・ファンド等の投融資により自立的に活動することを促進するため、平成19年度から「コミュニティ・ファンド等を活用した環境保全活動促進事業」を実施しました。 中部地方においても、地域のコミュニティ・ファンドと環境コミュニティ・ビジネスについての調査を平成19年度に実施しています。

平成19年度コミュニティ・ファンドへの支援事業実施報告書 [PDF 1.2MB]

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 近畿自然歩道フェイスブック(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
   
中部カンファレンス(リンク) 
EPO中部(リンク)
エコアクション21(リンク)
  
伊勢志摩国立公園指定七十周年(リンク)
  
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター(リンク)
国指定鳥獣保護区・ラムサール条約湿地 藤前干潟 ~人と自然をつなぐ翔橋~(リンク)
ページ先頭へ