環境パートナーシップ

環境パートナーシップ

中部環境パートナーシップオフィス(EPO中部)

平成17年に環境活動がより推進するために有効な「協働」をすすめるための拠点として、地域の関係者の方々とともに運営する中部環境パートナーシップオフィス(EPO中部)がオープンしました。
EPO中部の取組は、以下のHPにてご覧頂けます。環境活動に困ったとき、誰かと一緒に連携・協働して事業を進めたいときのヒントがここにあるかもしれません。ぜひ一度訪れてみてください。

中部環境パートナーシップオフィス(EPO中部)
〒460-0003
住所:名古屋市中区錦2-4-3 錦パークビル4階
電話:052-218-8605  FAX:052-218-8606

■第4期EPO中部のあり方

第4期(平成27年4月~平成30年3月)を迎えるに当たって、中部地方環境事務所においてヒアリング等を実施し、EPO中部のあり方として取りまとめたものです。

■事業報告書

環境協働活動

持続可能な社会を作るために必要な要素である「協働」。中部地方における環境分野での活動の調査です。

■北陸における環境協働活動調査業務報告書(平成23年度)
  1. 第1章 総括 [PDF 136KB]
  2. 第2章 事例研究
    1. 第1節 きんたろう倶楽部による里山保全再生 [PDF 508KB]
    2. 第2節 宇奈月温泉における低炭素型地域づくりへの取組 [PDF 1,205KB]
    3. 第3節 里山資源を活用した金沢市東原町の循環型地域づくり [PDF 968KB]
    4. 第4節 環境パートナー池田(福井県池田町)によるまちぐるみのエコ活動 [PDF 1,675KB]
    5. 第5節 三方五湖の自然再生に関する環境協働活動(平成23年度北陸における環境協働活動調査業務報告書 [PDF 774KB]
■中部地域におけるパートナーシップに基づくCSR活動調査
"CSR"とはCorporate Social Responsibilityの頭文字をとった表現で、日本語では「企業の社会的責任」と一般的に言われます。その中には、「より良い商品・サービスの提供」、「法令遵守、倫理的行動をとること」、などから、「情報開示」、「社員の育児・介護への配慮」、「男女間の機会均等」、「環境配慮」、「社会貢献活動への関与」、「NGO/NPOとの協働」など様々なテーマが含まれています。
中部地方環境事務所では、CSRのなかでも「環境協働」に焦点を当て、中部地域のパートナーシップに基づくCSR活動をH18年度、平成19年度と調査を行いました。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 近畿自然歩道フェイスブック(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
   
中部カンファレンス(リンク) 
EPO中部(リンク)
エコアクション21(リンク)
  
伊勢志摩国立公園指定七十周年(リンク)
  
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター(リンク)
国指定鳥獣保護区・ラムサール条約湿地 藤前干潟 ~人と自然をつなぐ翔橋~(リンク)
ページ先頭へ