トピックス(2020年4月〜2021年3月)

2021年02月04日

令和3年度環境影響調査員(アセス・サポーター)を募集します(中部地方環境事務所)

1.募集職種・人員

 環境影響調査員(期間業務職員)1名(環境対策課)

2.就業場所・所在地

 中部地方環境事務所(名古屋市中区三の丸2-5-2)

3.職務内容

 ① 地域の環境情報の収集、整理
 ② 事業予定等への現地調査の準備、実施
 ③ 事業者による事業の検討状況、進捗状況の把握
 ④ その他関連業務の補助等

4.必要な経験等

 ① 基本的なパソコン操作(通常使用するソフトは、Microsoft Word、Excel、Outlook、一太郎等)。
 ② 環境アセスメントに関する実務経験もしくは知見を有すること。

5.募集条件

 以下に該当する方は、応募できませんのでご了承ください。
 ・日本国籍を有しない者
 ・禁錮以上の刑に処せられ、その執行を終わるまでの者又はその刑の執行猶予の期間中の者その他執行を受けることがなくなるまでの者

 ・一般職の国家公務員として懲戒免職の処分を受け、当該処分の日から2年を経過しない者

 ・日本国憲法又はその下に成立した政府を暴力で破壊することを主張する政党その他の団体を結成し、又はこれに加入した者

 ・平成11年改正前の民法の規定による準禁治産の宣告を受けている者(心身耗弱を原因とするもの以外)

6.雇用形態

 期間業務職員
 国家公務員法の適用を受ける非常勤の国家公務員としての採用・任用となり、労働契約とは異なります。

7.雇用期間

 採用後1ヶ月間は条件付採用期間となる。

 雇用期間の定めあり(令和3年4月1日~令和4年3月31日)。

 前年度勤務実績が優良と評価された場合、1年の任期が連続2回まで更新できる場合があります。

8.勤務日数

 週4日勤務(原則として金、土、日、祝祭日、年末年始の期間(12月29日~1月3日)は休日)

9.就業時間

 9時15分から18時00分(休憩時間60分)
 必要に応じて超過勤務を命じることがあります。

10.休暇

 最初の採用日から6ヶ月間継続勤務し全勤務日の8割以上勤務した場合に、6か月を超える日から次の1年間に10日の有給休暇を付与。
 その他、人事院規則15-15(非常勤職員の勤務時間及び休暇)によるものとする。

11.賃金形態等

 ・日給月給制
 ・日額10,280円(月額168,592円、日額単価×勤務日数16.4日)
 ・通勤手当、扶養手当、住居手当、超過勤務手当支給(当方規定規程による)

12.賞与

 年2回

13.社会保険

 健康保険(協会けんぽ)、厚生年金保険、雇用保険

14.退職手当

 無

15.その他特記事項

 令和3年2月17日(水)必着で「履歴書」「職務経歴書(A4版2枚以内、様式自由」を郵送もしくは持参してください。
 応募者多数の場合は締め切り前に募集を停止することがあります。
 なお、応募書類の返却は行いませんので、あらかじめご了承ください。
 一次審査(書類審査)の合格者には、二次審査(面接審査)の日時と場所を電話連絡します。
 審査の内容に関する問合せには応じられませんので予め御了承ください。

  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 近畿自然歩道フェイスブック(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO中部(リンク
中部カンファレンス(リンク)
エコアクション21(リンク)
国道23号通行ルール 名古屋南部地域(リンク)
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター(リンク)
国指定鳥獣保護区・ラムサール条約湿地 藤前干潟 ~人と自然をつなぐ翔橋~(リンク)
ページ先頭へ