トピックス(2019年4月〜2020年3月)

2019年10月01日

ユースと社会人のためのSDGs/ESD推進ネットワーク地域フォーラム開催

 環境省中部地方ESD活動支援センターでは、ユースと社会人のためのSDGs/ESD推進ネットワーク地域フォーラム「世代間交流によるSDGs貢献のための人づくり」を開催します。
 今年7月、SDGs未来都市に名古屋市、愛知県等が選定されSDGsへの注目が高まっています。本フォーラムでは、企業と高校生がSDGs/ESDの活動の発表を行うほか、SDGsの活動が連携し、広く発信されるために何をすべきかについて、登壇する企業人、高校生、参加者が世代・立場を超えて一緒に考えるワークショップを実施します。

1.開催目的

 SDGsのための「人づくり」(ESD;Education for Sustainable Development/持続可能な開発のための教育)には、地球を俯瞰した持続可能性を重視した意識改革が不可欠です。 

 特に現在SDGsを推進しようとする企業にとって、経営者はもちろん従業員の意識改革は簡単ではありません。その中で思考力の柔軟な若者はすでに、無意識のうちにSDGsに貢献する活動をしている事例もあります。このフォーラムではSDGsに取り組む企業やESD活動を行う高校生の交流を通じて、ユースを受け入れる社会のあり方をESDの視点から問いかけます。

2.開催のお知らせ

 環境省中部地方ESD活動支援センター主催により、フォーラムを以下の日程で開催いたします。

(1)日時:2019年11月4日(月・祝)13:30~16:30(13:00受付開始)

(2)場所:ウインクあいち 会議室1103  https://www.winc-aichi.jp/access/

 (〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38)

(3)プログラム(予定):

■話題提供

・世代間協力で実現するSDGs

 伊藤 恭彦(名古屋市立大学副学長)

■企業によるSDGsの取組紹介

・2030年も元気な組織であるために~小さな会社が取り組むSDGs

 鳥原久資氏(株式会社マルワ代表取締役社長)

・カンガルー出勤で変わった社内環境

 寺田有希実氏(三承工業株式会社ダイバーシティ推進室室長女性活躍・働き方改革担当)

■高校生による活動発表

・人力発電機の製作~若いエネルギーを電気エネルギーに~

 愛知県立刈谷工業高等学校 自動車部

・ボランティアから始まった環境保護活動

 名古屋経済大学高蔵高等学校 理科部

・命をつなぐ!弥富の手乗り文鳥よ再び!

 愛知県立佐屋高等学校 文鳥プロジェクトチーム

・未利用資源を活用した6次産業化への取組

 愛知県立渥美農業高等学校 農業機械部

■グループワーク

・高校生によるESD活動の社会への発信連携を考える

 -高校生、企業、参加者混合グループによるワークショップ-

(4)参加者:

どなたでもご参加できます。以下のウェブサイトから申し込みください。https://chubu.esdcenter.jp/hot_topics/chubuesdnetworkforum2019

※定員を超過した場合は、先着順とさせていただき、落選者のみに連絡いたします。

(5)取材:

マスコミ関係者の方は、取材登録をお願いします。①お名前、②申込人数、③連絡先(電話番号、メール、所属先の組織名・部署名)を事前にメール、電話等で開催日前日まで送付してください。

※メールの場合は件名欄に「1104ESDフォーラム」と記載してください。

(6)申込先、問合せ先:

環境省中部地方ESD活動支援センター(環境省中部環境パートナーシップオフィス(EPO中部)内)

担当  富田(とみだ)、武田(たけだ)

TEL: 052-218-9073 FAX: 052-218-8606 Email: office@chubuesdcenter.jp

環境省中部地方環境事務所環境対策課

(電話)052-955-2134 (FAX)052-951-8889

 課長:萩ノ脇 裕司

 主査:西田 清紀





  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 近畿自然歩道フェイスブック(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
中部カンファレンス(リンク)
EPO中部(リンク)
エコアクション21(リンク)
国道23号通行ルール 名古屋南部地域(リンク)
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター(リンク)
国指定鳥獣保護区・ラムサール条約湿地 藤前干潟 ~人と自然をつなぐ翔橋~(リンク)
ページ先頭へ