トピックス(2018年4月〜2019年3月)

2019年01月28日

【募集】任期付職員(中部地方環境事務所野生生物課)

1. 採用機関及び採用予定人数

 中部地方環境事務所 野生生物課、(併任)名古屋自然保護官事務所  1名

2. 勤務地

 中部地方環境事務所

  名古屋市中区三の丸2-5-2

 名古屋自然保護官事務所(週1~2日程度の勤務)

  名古屋市港区野跡4-11-2 稲永ビジターセンター内

3. 公募の内容

 人事院規則8-12第42条第2項第3号の規定に基づく任期付職員として採用します。

4. 職務の内容

 環境省職員として採用されると、中部地方環境事務所に配属となり、野生生物課において、主として野生生 物課の野生鳥獣の保護管理、希少野生動植物の保護、外来生物対策に関する各種業務ならびに、藤前干潟鳥獣保護区の管理に関する各種業務に従事することになります。

 具体的には、

  (1)鳥獣の捕獲許可や鳥獣保護区の管理等、野生鳥獣の保護管理に関する業務

  (2)希少野生動植物種の捕獲や譲渡等の規制等、希少野生動植物の保護に関する業務

  (3)特定外来生物の防除に関する情報収集、防除の実施等、外来生物対策に関する業務

  (4)藤前干潟における施設管理、環境教育活動等、藤前干潟鳥獣保護区の管理に関する業務

  (5)これら業務に必要な関係機関との調整、資料の作成、一般行政事務(文書整理、来客・電話対応、

    資料のコピーなど)等の業務

   等に従事します。

5. 求める人材

 以下の(1)~(4)を満たす者。

 (1)野生生物の調査や管理に関する知見、知識を有すること。

 (2)大学卒業又は同等以上の教養を有し、文書作成能力及び口頭での交渉・調整能力を有すること。

 (3)パソコンを利用した作業経験があり、電子メール(Outlook)文書入力(Word又は一太郎)、データ

   等の帳票作成(Excel)及びプレゼンテーション用資料作成(Powerpoint)等が利用可能なこと。

 (4)自動車の運転免許(AT限定免許可)を有し、運転ができること。

 (5)心身ともに健康で、採用予定期間中、継続して勤務が可能なこと。

6. 採用期間

平成31年5月8日から平成31年7月2日まで

※ 事情により若干前後する可能性があります。

※ 任期付職員として勤務する間にその職務を良好な成績で遂行した場合には、引き続き、育児休業法に基づく

 任期付職員として再採用される可能性があります(採用期間は再採用後から平成33年3月31日までの予

 定)。

7. 応募資格

 上記「5.求める人材」参照。

 この他、以下に該当する者は応募できませんのでご了承下さい。

  ・日本国籍を有しない者

  ・国家公務員法(昭和22年法律第120号)第38条の規定により国家公務員となることができない者

8. 応募締切

 平成31月2月28日(木)必着

9. 選考方法

 【第1次選考】

  審査方法:書類選考

   ※ 書類審査の結果は、応募者全員に通知します。

 【第2次選考】

  審査方法:面接による人物試験

  ※ 第2次選考の日時、場所等は第1次選考を通過した者に通知します。また、第2次選考結果は、第2次

   選考受験者全員に通知します。

10. 応募書類

 (1)小論文

 「日本の野生生物行政の課題に対し、自身が貢献できること」について、800字程度以上で論述すること。

 (2)履歴書(写真貼付)

  ※ 連絡用に携帯電話及びEメールアドレスも記載のこと。

 (3)過去の業務経験一覧

  ※ これまでの職歴を主な担当業務の内容とともに、時系列で記述のこと。

11. 勤務時間及び休暇

 (1)勤務時間

  8時30分から17時15分まで(昼休みは12時から13時まで)。

  7時間45分/日(週38.75時間)。

   上記勤務は、必要に応じ残業があります。

 (2)休暇

  週休2日(土・日)、国民の祝日、年末・年始のほか年次休暇、特別休暇(結婚、忌引等)があります。

12. 応募書類郵送先及び問い合わせ先

  〒460-0001

  名古屋市中区三の丸2-5-2

   中部地方環境事務所 総務課  

   TEL:052-955-2130

   担 当:岩 田

  ※ 書類の送付に当たっては、封筒に「任期付職員(中部地方環境事務所野生生物課)応募書類在中」

   と朱書きしてください。

13. 備考

 (1)給与等については、学歴、経歴等を勘案して一般職の職員の給与に関する法律に基づき決定されます。

 (2)採用内定者に選考された場合、健康診断を受診(自己負担、任意の医療機関で実施)し、その結果を提

   出していただきます。

 (3)採用内定者に選考された場合、最終学歴に係る卒業(修了)証明書及び過去に在籍した会社等の在籍証

   明書を提出していただくことになります。

 (4)最終的に採用内定者に選考された場合、現在職に就いている方は、採用時に当該所属先から退職してい

   ただく必要があります。

 (5)応募書類の返却は行いませんので、あらかじめご了承ください。

  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 近畿自然歩道フェイスブック(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
中部カンファレンス(リンク)
EPO中部(リンク)
エコアクション21(リンク)
国道23号通行ルール 名古屋南部地域(リンク)
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター(リンク)
国指定鳥獣保護区・ラムサール条約湿地 藤前干潟 ~人と自然をつなぐ翔橋~(リンク)
ページ先頭へ