トピックス(2018年4月〜2019年3月)

2018年10月16日

「第4回全国ユース環境活動発表大会 中部地方大会」の募集開始について

環境省では平成27年度より地域において環境活動に積極的に取り組む高校生を支援し、もって、持続可能な社会を実現することを目的に全国ユース環境活動発表大会を開催して参りました。 また、今年度より、全国8地区において地方大会を開催し、優れた活動発表を行った者(学校)に対して、地方環境事務所長賞等の授与を行い、特に優れた者(学校)には全国大会に出場いただくこととしています。 なお、中部地方大会は、平成30年12月9日(日)に名古屋市で開催いたします。多数のご参加をお待ちしております。

1 開催概要

(1)目的

我が国は、本格的な少子高齢化・人口減少社会を迎えるとともに、地方から都市への若年層を中心とした流入が続き、地方の若年人口・生産年齢人口の減少が止まらず、人口の地域的な偏在が急速に進んでいます。こうした現状は、環境へも大きな影響を及ぼしており、環境・社会・経済のそれぞれの課題は、複雑多岐に連関しており、環境課題の解決は他の社会課題との統合的な同時解決が不可欠となってきています。

一方で、2050年代の社会を創るであろう、高校生等のユース世代が、全国各地で、社会課題解決のためにはつらつと実践活動を日々展開しています。このような、未来を創るユース世代の活動について、優れた環境活動事例を発表する場を設けるとともに、表彰等を行うことによって、しっかりと実践活動をサポートしていきます。それを通じて、持続可能な地域循環共生社会を実現することを「全国ユース環境活動発表大会」は目的としております。

(2)全国ユース環境活動発表大会(地方大会)の実施

全国8地区で環境活動を行っている高校生等を対象に環境活動の事例を募集し、選考を経た上で、自らの活動を発表する地方大会を実施します。

同大会において、優れた活動発表を行った団体に対しては、地方環境事務所長賞等の授与を行います。また、受賞者の中から特に優れたものは審査委員による選考を経た上で、全国ユース環境活動発表大会全国大会に出場することとなります。

※8地区は、北海道地方、東北地方、関東地方、中部地方、近畿地方、中国地方、四国地方、九州・沖縄地方です。

(3)全国ユース環境活動発表大会(全国大会)の実施

全国8地区の地方大会から審査委員による選考を経た高校生等が一堂に会し、自らの実践を発表する全国大会を実施します。同大会において、優れた活動発表を行った団体に対しては、環境大臣賞等の授与を行います。

※人数等の制限はありますが地方大会及び全国大会へ参加されるための交通費、宿泊費については支給いたします。

2 実施主体

主催:全国ユース環境活動発表大会実行委員会

(環境省/独立行政法人環境再生保全機構/国連大学サステイナビリティ高等 研究所)

後援:読売新聞東京本社

協力:地方環境パートナーシップオフィス(EPO)、地球環境パートナーシッププラザ(GEOC)、ESD活動支援センター

協賛:キリン株式会社、協栄産業株式会社、SGホールディングス株式会社、三井住友海上火災保険株式会社

3 日程等

〈中部地方大会〉

日時:平成30年12月9日(日)12時~

対象都道府県:富山県、石川県、福井県、長野県、岐阜県、愛知県、三重県

会場:TKPガーデンシティPREMIUM 名古屋ルーセントタワー

https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/gcp-nagoya-lucent-tower/access/

表彰:発表大会当日、優れた活動発表を行った団体に対し、以下の表彰を行います。

「全国ユース環境活動発表大会(中部地方大会)」
・地方環境事務所長賞:中部地方環境事務所長
・特別賞(高校生選考賞):中部地方環境事務所長
・特別賞(先生選考賞):中部地方環境事務所長
・協賛企業特別賞:独立行政法人環境再生保全機構理事長
・優秀賞:独立行政法人環境再生保全機構理事長

〈全国大会〉

日時:2019年2月9日(土)~10日(日)

場所:国連大学 ウ・タント国際会議場

内容:(1日目)全国ユース環境フォーラム、(2日目)高校生等による活動発表、表彰式

4 募集対象

 高校生等の環境活動

(1)地球温暖化対策、低炭素、生物多様性の保全、自然共生、資源循環など「環境」に関わる活動であって「持続可能な開発目標(SDGs)」の目標達成にも資する活動。

(2)授業での課題研究なども応募可とします。

(3)過去の受賞歴・未発表・既発表は問いません。

※ただし、今年度または前年度に、いずれかのコンクールにおいて「環境大臣賞」を受賞した同一の活動は不可とします。

5 応募方法

(1)応募方法

・応募希望校は、全国の学校に送付する『全国ユース環境ネットワークvol.7』に同封している資料請求用紙を事務局へFAX又は同内容をメールで送付してください。

・資料請求のあった学校に対し、事務局より大会実施要領、応募書類等を送付します。

・応募書類は、事務局へ郵送又はメールするほか、事務局ホームページより提出することが出来ます。

※提出された書類は返却しません。

<応募先>

独立行政法人環境再生保全機構地球環境基金内

全国ユース環境ネットワーク事務局

TEL:044-520-9505

FAX:044-520-2192

Email:youth@erca.go.jp

https://www.erca.go.jp/jfge/youth/index.html

(2)応募締切

2018年10月29日(月)18時必着

6 参照

【環境省報道発表資料】 「第4回全国ユース環境活動発表大会」の募集開始について

添付資料

■ 問い合わせ先
環境省中部地方環境事務所 環境対策課  
担当:西田
TEL: 052-955-2134
FAX: 052-951-8889
Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 近畿自然歩道フェイスブック(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
中部カンファレンス(リンク)
EPO中部(リンク)
エコアクション21(リンク)
国道23号通行ルール 名古屋南部地域(リンク)
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター(リンク)
国指定鳥獣保護区・ラムサール条約湿地 藤前干潟 ~人と自然をつなぐ翔橋~(リンク)
ページ先頭へ