トピックス(2015年4月〜2016年3月)

2015年12月18日

東海地域びんリユース実証実験の開始について

 中部地方環境事務所では、平成25年5月31日に閣議において決定された第三次循環型社会形成推進基本計画の柱の1つである2R(リデュース・リユース)の取組を強化する一環として「びん」のリユース推進の取組を支援してきました。

 昨年10月には、当事務所及び中部壜商連合会が事務局となり、東海地域においてびんリユースの推進を図るため、東海地域びんリユース推進協議(※1)を設置しました。

 今般、東海地域びんリユース推進協議会における協議を踏まえて、リユースびんの使用による環境負荷削減効果の検証を行うため、中部壜商連合会が、東海地域びんリユース実証実験を行いますのでお知らせします。

※1:参考資料1

  「東海地域びんリユース推進協議会設立趣意書」(平成26年10月14日総会)[PDF217KB]

1.実証実験の概要

  東海地域の酒蔵で作られる地酒をリユースびんに詰めて飲食店等で提供・販売します。その場で飲み終えた「びん」は分別・回収され、洗浄した上で再使用(リユース)します。平成27年12月18日付け時点で、本実証実験に参加するのは酒蔵3社、飲食店1店舗となっており、今後協力酒蔵・飲食店数を順次拡大していく見込みです。

 本実証実験終了後に、リユースびんの使用による環境負荷低減効果を検証し、環境意識の啓発と地酒の認知促進の相乗効果を把握します。

2.実証実験実施期間 

平成27年12月21日(月)~平成28年1月末迄を目途に

3.参加酒蔵

店頭表示広告

神の井酒造株式会 (名古屋市緑区大高町字高見25番地)

http://kaminoi.co.jp/

山盛酒造株式会社 (名古屋市緑区大高町字高見74)

http://takanoyume.co.jp/

水谷酒造株式会社 (愛知県愛西市鷹場町久田山12番地)

http://www.mizutanishuzou.jp/


※平成27年12月18日時点での登録酒蔵にて掲載。順次拡大していきます。

※参考資料2:店頭表示広告[PDF1,265KB]

  

4.参加飲食店 

鉄板家 GREENROOM (名古屋市中川区かの里3丁目102)

http://www.greeenroom.com/

※平成27年12月18日時点での店舗にて掲載。順次拡大していきます。

5.主 催 

中部壜商連合会

6.お問い合わせ先 

 ■中部壜商連合会

事務局 株式会社 安田商店内(担当:星原/安田)

電話番号:052-381-6201

 ■環境省中部地方環境事務所廃棄物・リサイクル対策課

担当:原

電話番号:052-955-2132

 

   

 

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 近畿自然歩道フェイスブック(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO中部(リンク)
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター(リンク)
エコアクション21(リンク)
国指定鳥獣保護区・ラムサール条約湿地 藤前干潟 ~人と自然をつなぐ翔橋~(リンク)
国道23号通行ルール(名古屋南部地域)(リンク)
ページ先頭へ