トピックス(2014年4月〜2015年3月)

2014年12月12日

【開催案内】報道発表:スマートムーブ~「移動」を「エコ」に。~in東海エリアキャンペーンについて

環境省では温暖化防止活動の一環として、"「移動」を「エコ」に。"をテーマに、よりCO2排出量の少ない「移動」を推進する「smart move(スマートムーブ)を展開しています。

このスマートムーブを東海エリアで促進するため、7月30日からスマートムーブ~「移動」を「エコ」に。~in東海エリアキャンペーン(運営主体:(株)JTB中部法人営業名古屋支店、(株)ウェイストボックス)を実施しています。

今回の企画では、田原市および名鉄協商(株)、ブランシュたかやまスキー場等と連携し、1.「渥美半島菜の花まつりにおけるスマートムーブ普及啓発プロジェクト」2.「ブランシュたかやまスキー場におけるスマートムーブ普及啓発プロジェクト」等を展開します。

なお、平成27年1月10日から開催される渥美半島菜の花まつりにて、カーシェアリング設置による啓発活動をスタートいたします。是非、皆さんも会場にお運びください。

【実施内容】

1.渥美半島菜の花まつりにおけるスマートムーブ啓発活動

平成27年1月から開催される「渥美半島菜の花まつり」において、三河田原駅前に名鉄協商(株)の提供するカーシェアリングサービス「カリテコ」の専用駐車場を設置し、公共交通機関を利用して来場した方へ、カーシェアリングの利用によるスマートムーブの普及啓発を行います。また、公共交通機関等にポスターやチラシを設置し、来場者へのライフスタイル変革を促すPRを行います。

<カリテコ設置期間>

   平成27年1月10日~平成27年3月31日

2.ブランシュたかやまスキー場におけるスマートムーブ啓発活動

 ブランシュたかやまスキー場内のレストランにおいて、スマートムーブの説明を記載した、卓上POPおよびポスターを設置し、スマートムーブの普及啓発を行います。

<POPおよびポスターの設置期間>

平成27年1月10日~平成27年3月31日

【運営】

株式会社JTB中部法人営業名古屋支店、株式会社ウェイストボックス

【主催】

環境省、中部地方環境事務所

【共催】

名鉄協商株式会社、ブランシュたかやまスキーリゾート株式会社

【参考】
◆「smart move(スマートムーブ)」とは

家庭部門のCO2排出量は2012年に1990年比で59.7%増加しており、日々の生活での行動の見直しが欠かせません。特に、生活関連部門の約1/4が「移動」に伴う排出であり、移動を見直すことは高い削減につながります。

そこで、気候変動キャンペーン「Fun to Share」(環境省)では、日々の「移動」に着目し、CO2排出が少なく、快適・便利で、しかも健康にもつながるライフスタイルを「smart move」と名付け、賛同企業・団体と連携しながら、公共交通機関の利用や自転車活用、自動車の利用方法の工夫など、移動にまつわる様々な行動への参加を呼び掛けています。

◆スマートムーブが推進する5つの取組

http://funtoshare.env.go.jp/smartmove/about/index.html

【問い合わせ先】
中部地方環境事務所 環境対策課
課長補佐:萩ノ脇
TEL:052-955-2134
FAX:052-951-8889
E-mail:REO-CHUBU@env.go.jp

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 近畿自然歩道フェイスブック(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
中部カンファレンス(リンク)
EPO中部(リンク)
エコアクション21(リンク)
伊勢志摩国立公園指定七十周年(リンク)
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター(リンク)
国指定鳥獣保護区・ラムサール条約湿地 藤前干潟 ~人と自然をつなぐ翔橋~(リンク)
ページ先頭へ