トピックス(2013年4月〜2014年3月)

2013年11月18日

「平成25年度3R推進中部地方大会」を開催します

中部地方環境事務所

環境省中部地方環境事務所では、3R(リデュース・リユース・リサイクル)を推進するため以下のとおり「平成25年度3R推進中部地方大会」を行います。
今年度は、食品リサイクルの取組を表す愛称「めぐりふーど」の普及を図ることにより食品リサイクルの取組を身近に感じ、取り組むきっかけとしていただくことを目的とします。

1 めぐりふーどフェアin黒部 

日時:
平成25年11月23日(土)~24日(日)9:30~16:00
場所:
宇奈月麦酒館(黒部市宇奈月町下立)入口ロビー内
※ 宇奈月麦酒館オータムフェア会場内
主催:
中部地方環境事務所
内容:
パネル展示、アンケート及び普及啓発グッズ配布など
対象:
ご関心のある方
参加費用:
無料

2 めぐりふーど試食・懇談会 

日時:
平成25年11月30日(土)14:00~16:00
場所:
名古屋文化短期大学(名古屋市東区葵一丁目)キッチンスタジオ
主催:
中部地方環境事務所
内容:
めぐりふーどを活かした料理の調理実演と試食など
(※事業詳細は 別添チラシ[PDF 382KB] をご覧下さい。)
定 員:
40人(事前申込が必要です)
対 象:
ご関心のある方
参加費用:
無料

3 FMラジオ局による連続プログラムの放送 

放送期間:
平成26年1月8日~全5回
放送時間枠:
水曜日 10:01~10:06(5分間)
放送局:
ZIP-FM(周波数 : 77.8MHz)
放送地域:
名古屋市及びその周辺地域
(聴取エリア:愛知県、岐阜県、三重県、滋賀県、静岡県)
タイトル:
中部地方環境事務所「CHECK THE MEGURI-FOOD」
ナビゲーター:
橋本みのり
【備考】月曜日から金曜日の9:00~11:00に街のおいしい情報を発信するワイド番組「PEACHY.(ピーチー)」の枠内で放送する。

事業に対する問合先

三菱UFJリサーチ&コンサルティング(株) 研究開発部
TEL:052-307-1103(佐々木)

めぐりふーど等に関するお問合せ:

中部地方環境事務所 廃棄物・リサイクル対策課
TEL:052-955-2132(直通)
課長:小岩 真之
課長補佐:都築 孝之
担当:原 慎一郎

(参考)

1 3R推進大会について

環境省及び地方環境事務所では、3R推進月間である10月を中心に、それぞれ3R(廃棄物等の発生抑制(Reduce)、再使用(Reuse)、再生利用(Recycle))を啓発するためのイベント等を開催しています。これらは、国民・事業者・行政が一堂に会し、循環型社会形成に関するそれぞれの知識や経験に関わる情報を交換するとともに、参加者一人ひとりが自らのライフスタイルを見直す機会を提供することを通じ、3Rの推進に関する理解を深め、循環型社会の形成に向けた取組をより一層推進することを目的として実施するものです。
詳しくは、環境省のHP :
http://www.env.go.jp/recycle/circul/3r_gekkan/index.html
を御覧ください。

2 「めぐりふーど」とは

中部地方環境事務所では、平成20年度から、地域循環圏の構築に向けた取組を実施しています。「平成23年度中部地方における地域循環圏の構築に向けた検討業務」の中で、食品リサイクルの取組をより多くの方々に身近に感じていただき、認知度やイメージの向上等を図ることが、食品リサイクルのより一層の普及には不可欠とされ、食品リサイクルの取組を表す愛称として決定したものです。 「めぐりふーど」の「めぐり」は循環すること、再びもとに返ることを表し、「ふーど」は食品を表しており、この2つの表現を合わせた造語です。
詳しくは、中部地方環境事務所のHP:
http://c-chubu.env.go.jp/recycle/r_6.html
を御覧ください。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 近畿自然歩道フェイスブック(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
   
中部カンファレンス(リンク) 
EPO中部(リンク)
エコアクション21(リンク)
  
伊勢志摩国立公園指定七十周年(リンク)
  
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター(リンク)
国指定鳥獣保護区・ラムサール条約湿地 藤前干潟 ~人と自然をつなぐ翔橋~(リンク)
ページ先頭へ