トピックス(2011年4月〜2012年3月)

2011年05月25日

平成22年度三河湾流域における生物多様性の持続可能な利用に係る伝統的知恵に関する調査報告書の公表について

中部地方環境事務所

 平成22年度の取組として、「生物多様性を支える市民・地域による戦略的地域づくりビジョン」を実践するための調査を行うとともに、生物多様性の持続可能な利用に関する伝統的な知恵について明らかにするための調査を行いました。

1.概要

 本調査の目的は、流域で生活する方々に受け継がれた伝統的知恵の中にある生物多様性の持続可能な利用法を炙り出し、今後の地域づくりに生かすことです。三河湾流域をモデル地域として、『聞き書き』という手法を用い調査を行いました。
 聞き書きは、森、川、里、海との関わりの観点から、豊田市大野瀬町梨野地区、同市古鼡(ふっそ)地区、豊橋市前芝地区の3箇所に暮らす9名の方を対象として行いました。
 調査報告書につきましては、添付資料(PDF)をご覧ください。

添付資料:

 お詫び

 平成23年5月25日から平成23年10月12日の間、当該報告書の第3章、第4章について、
 一部のPDFデータしかダウンロードできない状態となっておりました。
 ご迷惑をおかけしたことを深くお詫び申し上げます。

〈平成22年度三河湾流域における生物多様性の持続可能な利用に係る伝統的知恵に関する調査報告書〉

  ・
表紙 [PDF 46KB]
  ・
目次 [PDF 15KB]
  ・
序章 調査の背景と目的 [PDF 207KB]
  ・
第1章 三河湾流域の概要 [PDF 4,832KB]
  ・
第2章 調査対象地区の選定 [PDF 5,131KB]
  ・
第3章 調査対象地区の概況
    1.
豊田市梨野地区 [PDF 3,517KB]
    2.
豊田市古鼡地区 [PDF 4,321KB]
    3.
豊橋市前芝地区 [PDF 2,644KB]
  ・
第4章 伝統的知恵に関する調査結果
    1.
文献等による調査対象地区の歴史 [PDF 2,831KB]
    2.
聞き書きによる調査 [PDF 1,923KB]
  ・
第5章 三河湾流域における伝統的知恵と継承に向けた今後の方向性 [PDF 2,694KB]
  ・
参考資料中扉 [PDF 10KB]
  ・
参考資料1 COP10における情報発信[1]配布冊子「三河湾流域の伝統的知恵 地域の多様な生き物の視点から」 [PDF 6,851KB]
  ・
参考資料2 COP10における情報発信[2]展示パネル「三河湾流域の伝統的知恵 地域の多様な生き物の視点から」 [PDF 4,956KB]
  ・
奥付 [PDF 54KB]
Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 近畿自然歩道フェイスブック(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
   
中部カンファレンス(リンク) 
EPO中部(リンク)
エコアクション21(リンク)
  
伊勢志摩国立公園指定七十周年(リンク)
  
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター(リンク)
国指定鳥獣保護区・ラムサール条約湿地 藤前干潟 ~人と自然をつなぐ翔橋~(リンク)
ページ先頭へ