トピックス(2015年4月〜2016年3月)

2015年09月30日

妙高戸隠連山国立公園シンボルマークの決定について(お知らせ)

平成27年3月27日に妙高戸隠連山国立公園が新規指定されたことを記念し、環境省長野自然環境事務所ではシンボルマークを制定することとしました。今年4月から公募を行い、このたび妙高戸隠連山国立公園のシンボルマークが決定しました。今後、より多くの人々に親しみをもっていただくためのシンボルマークの活用を進めていきます。

1.募集概要

  • ・応募資格:日本に居住または勤務している方で、妙高戸隠連山国立公園を愛する方。
  • ・公募期間:平成27年4月1日(水)~5月29日(金)
  • ・応募総数:264点

2.選定の経緯

  1. 1)妙高戸隠連山国立公園シンボルマーク選定委員による事前審査
  2. 2)選定委員による策定審査会
  3. 3)選定委員 

    【有識者委員 4名】

    • ○長野県デザイン振興協会 副会長 土屋修三
    • ○信州大学 教育学部 図画工作・美術教育コース 助教蛭田直
    • ○日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA新潟)代表幹事 本間秀世
    • ○長岡造形大学 視覚デザイン学科 教授 山本敦

    【行政関係委員 9機関】

    新潟県、長野県、妙高市、糸魚川市、長野市、信濃町、飯綱町、
    小谷村、環境省長野自然環境事務所

  4. 4)策定審査会 平成27年8月6日(木)長野市にて開催

3.受賞者

  1. 1)最優秀賞 1名
    • 小池 友基 (群馬県高崎市 在住)
  2. 2)優秀賞 2名
    • 宮川 ヒロミ (長野県軽井沢町 在住)
    • 岡部 真理 (新潟県妙高市 在住)
  3. 3)審査員特別賞 5名
    • 斉藤 愛 (長野県飯綱町 在住)
    • 中川 昌太 (長野県長野市 在住)
    • 霜田 はるか (長野県長野市 在住)
    • 小林 サラ (長野県飯綱町 在住)
    • 宮下 美萊 (新潟県妙高市 在住)

4.最優秀賞の講評

連山、高原や湖が集約されて表現され、山並みのグリーンと湖のブルーがきれいでシンプルで奥行きがあります。シンボルとして幾何的にまとまっており、完成度の高い作品です。

5.表彰式

11月20日(金)に開催予定の妙高戸隠連山国立公園指定記念シンポジウム(妙高市において開催)にて表彰式を開催する予定です。

6.その他

最優秀賞となった作品については、デザインマニュアル、使用規定などを作成した後、今後作成するパンフレットや地図、標識などに妙高戸隠連山国立公園シンボルマークとして活用していきます。

7.添付資料

妙高戸隠連山国立公園シンボルマーク受賞作品 [PDF 188KB]

8.お問い合わせ先

長野自然環境事務所 国立公園課

TEL:026-231-6572

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 上高地ビジターセンター(リンク)
  • 欅平ビジターセンター(リンク)
  • 鹿沢ビジターセンター(リンク)
  • 万座しぜん情報館(リンク)
  • 妙高戸隠連山国立公園フェイスブック(リンク)
ページ先頭へ