報道発表資料

2021年07月30日

中央アルプスでケージ保護したライチョウ家族の動物園への移送予定の変更について

環境省ではライチョウが絶滅した中央アルプスにおいて、ライチョウの個体群復活事業を進めています。8月上旬に実施を予定している公益社団法人日本動物園水族館加盟園館である那須どうぶつ王国及び長野市茶臼山動物園のライチョウ家族移送について、前回の報道発表(7月27日)から一部予定が変更になる可能性があるのでお知らせします。

1.移送予定について

 7月27日に実施した報道発表では公益社団法人日本動物園水族館協会加盟園館である那須どうぶつ王国及び長野市茶臼山動物園への個体の移送について8月4日(水)に実施予定とお知らせしましたが、予想されている天候を考慮し、8月3日(火)も候補日といたしますのでお知らせします。移送の予定は以下の通りとなりますが、現地の気象条件、家族の状況などにより出発時間や日程の変更、移送自体の中止となることがあります(予備日は8月4日(水)及び5日(木)となります。)。8月3日(火)に移送を行うかどうかについては、8月2日(月)夕方に再度お知らせいたします。

令和3年8月3日(火) ライチョウ移送スケジュール(予定)(別紙参照)  
  6時00分頃 駒ケ岳頂上山荘周辺 ヘリコプター着(ライチョウ2家族搭載)
  6時05分頃      〃          発
  7時10分頃 長野市へリポート ヘリコプター着(ライチョウ1家族を車へ乗り換え)
         ヘリコプター給油・長野市茶臼山動物園への1家族は車で搬送開始
  7時30分頃 長野市へリポート ヘリコプター発(ライチョウ1家族搭載)

  7時45分頃 長野市茶臼山動物園 着 
  8時40分頃 那須どうぶつ王国  ヘリコプター着

【移送日当日の取材について】
・駒ヶ岳高山帯、長野市ヘリポート及び茶臼山動物園における取材について

 駒ヶ岳高山帯での取材も可能ですが、希望社が複数ある場合には登山道外の取材については代表社を設定する場合があります。なお、環境省から駒ヶ岳高山帯でのヘリ離着陸映像や写真については提供の予定はありません。
 長野市ヘリポート(長野県長野市若穂牛島1298-1)でのヘリコプターの着陸の様子及び茶臼山動物園におけるライチョウの飼育舎への搬入までについても撮影が可能です。駒ヶ岳高山帯での現地取材を希望する社については小林(TEL:090-3009-6570)、長野市内での現地取材を希望する社については有山(TEL:080-1785-5166、TEL:090-7332-7156)まで8月2日(月)17時までに一報をお願いいたします。また、搬入したライチョウが落ち着いたところで茶臼山動物園にて囲み取材を行う予定です。

・那須どうぶつ王国における取材について

 那須どうぶつ王国におけるヘリコプターの着陸及び飼育舎への搬入まで撮影が可能です。現地での取材を希望する社について那須どうぶつ王国 営業部 広報戦略室 宮地さくら主任(Tel: 0287-77-1110または090-8870-3508)まで8月2日(月)17時までに一報をお願いいたします。また、搬入したライチョウが落ち着いたところで那須どうぶつ王国にて囲み取材を行う予定です。

取材申し込みの日付及び長野市での取材についての連絡先が変更になりましたのでお気をつけください。

*各地点での撮影については現地の環境省職員等の指示に従い決められたエリア内からの撮影をお願いいたします。

ライチョウ2家族移送スケジュール(予定)

6時00分頃 中央アルプス駒ヶ岳頂上山荘周辺ヘリコプター着(赤丸はヘリ離発着予定場所)

6時05分頃 中央アルプス駒ヶ岳頂上山荘周辺からライチョウ2家族を空輸

7時10分頃 長野市ヘリポートヘリコプター着(赤丸はヘリ離発着予定場所)

       ※ライチョウ1家族は茶臼山動物園へ車で陸送

7時45分頃 茶臼山動物園着

8時40分頃 那須どうぶつ王国ヘリコプター着

■ 問い合わせ先
【連絡先】
信越自然環境事務所 野生生物課
  生息地保護連携専門官 小林 篤
   TEL:026-231-6573 FAX:026-235-1226  E-Mail : ATSUSHI_KOBAYASHI@env.go.jp
  (〒380-0846 長野市旭町1108 長野第一合同庁舎3階)
  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 上高地ビジターセンター(リンク)
  • 欅平ビジターセンター(リンク)
  • 鹿沢ビジターセンター(リンク)
  • 万座しぜん情報館(リンク)
  • 妙高戸隠連山国立公園フェイスブック(リンク)
ページ先頭へ