報道発表資料

2020年10月28日

中部山岳国立公園南部地域のコンセプト普及のためのロゴマークの策定について

 中部山岳国立公園南部地域のコンセプト普及のためのロゴマークを策定しましたのでお知らせします。

 環境省は、日本の国立公園を世界水準の「ナショナルパーク」としてブランド化し、訪日外国人を惹きつける取組を計画的、集中的に実施する「国立公園満喫プロジェクト」を推進しています。中部山岳国立公園南部地域(長野県松本市及び岐阜県高山市等)では、その一環として行政機関や関係団体等で構成する「中部山岳国立公園南部地域利用推進協議会」を平成29年10月に設置し、平成30年4月に当該地域のコンセプトや利用推進に向けた取組を「中部山岳国立公園南部地域利用推進プログラム2020」としてとりまとめ発表しています。

 今回、コンセプト普及方針(参考資料)において、地域のブランディングを推進するためのロゴマークを策定しました。今後は関係機関が一体となってロゴマークを活用した取組を進めていくこととしています。

1.ロゴマークのデザイン

ロゴカラーロゴモノクロ

ロゴに込められたメッセージ

■山、渓谷、川、星空、そして山岳と日本の伝統的な食べ物であるおにぎりといったキーワードをもとにしています。また、山々と歴史の奥行きを、高原や台地から立ち上がる稜線の連なりの中に表現しています。

■文字で示している中部山岳国立公園の「Birthplace of the Japanese Alps(日本アルプス発祥の地)」は、豊かな川の供給源でもあることを伝えています。

2.ロゴマークの使用条件

 この地域の強みや魅力を体現でき、次の条件(基準1と基準2の両方)を満たしている事業(製品、サービス、施設、活動等)に対してロゴマークを使用することができます。(詳細は別紙1を参照)ロゴマークの使用には届出が必要となります。

 なお、開発・実践例(別紙2)では当該ロゴマークをすでに使用している事業の例を掲載しています。

ロゴ使用条件

3.届出の流れ

(1)届出にあたっては「使用にあたっての注意点について」(別紙3)をご一読ください。

(2)「中部山岳国立公園南部地域ロゴマーク届出書」(別紙4)と下記の添付資料をご提出ください。

※ホームページ、SNS等のインターネット媒体で使用される場合は「使用方法の詳細」にURLを記載することで、添付資料の提出を省略することができます。

【添付資料として必要なもの】
■商品等に使用する場合・・・商品概要(発売金額・発売日・発売場所など)と商品の写真
■パンフレット等の印刷物に使用する場合・・・印刷物の原稿と概要(作成部数・配布開始日など)
■その他使用状況等がわかる資料

(3)ご提出いただいた届出書と添付資料は中部山岳国立公園南部地域利用推進協議会 事務局で確認したうえで、届出者に連絡いたします。

 リンク項目

別紙1  具体的な使用条件の詳細

別紙2  使用条件を満たす代表的な開発・実践例

別紙3  ご使用にあたっての注意点について

別紙4  届出書

参考資料 コンセプト普及方針

問い合わせ先

中部山岳国立公園南部地域利用推進協議会 事務局

環境省 中部山岳国立公園管理事務所

(直通:0263-94-2024)

  所長:森川 政人

  国立公園利用企画官:渡邉 元嗣

  担 当 者:原田 純平



Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 上高地ビジターセンター(リンク)
  • 欅平ビジターセンター(リンク)
  • 鹿沢ビジターセンター(リンク)
  • 万座しぜん情報館(リンク)
  • 妙高戸隠連山国立公園フェイスブック(リンク)
ページ先頭へ