報道発表資料

2020年10月01日

ライチョウ観察ルールハンドブックの作成について

信越自然環境事務所、中部山岳国立公園管理事務所

<(一社)日本アルプスガイドセンター同時発表>

 環境省が訪日外国人旅行者向けの事業として行っている野生動物観光促進事業において、令和2年度の事業として採択された(一社)日本アルプスガイドセンターと共同で「ライチョウ観察ルールハンドブック」を作成したのでお知らせします。このルールブックによって、ルールやマナーが明文化されるとともに、山岳ガイド等がライチョウ観察を主体としたツアーを実施するきっかけになる等、多くの方がライチョウを知る機会や保全を進めるためのきっかけを作ることが目的です。

 また、このライチョウ観察ルールハンドブックをもとに、モニターツアーを10月3日(土)~4日(日)に実施します。

1.目的

 種の保存法に基づく国内希少野生動植物種であるライチョウは、絶滅のおそれのある野生動物である一方、生息地においては、ライチョウの観察が、登山などのアクティビティの際の目的の一つとなるという観光資源との側面も有しています。しかし、観察等によるライチョウへの接触は、過剰となりすぎることでライチョウの繁殖活動等に悪影響を及ぼすおそれがあります。

 上述のような状況の改善に資するものとして、今回、野生動物観光促進事業(※)により、訪日外国人を含む多くの日本の高山利用者の指針となるよう、ライチョウを観察するためのルールやマナーを知っていただくために、(一社)日本アルプスガイドセンターと共同で「ライチョウ観察ルールハンドブック」を作成しました。また、このルールブックにより、ルールやマナーが明文化されるとともに、山岳ガイド等がライチョウ観察を主体としたツアーを実施するきっかけになる等、多くの方がライチョウを知る機会や保全を進めるためのきっかけを作ることが目的です。ひいては、ライチョウをシンボルとした地域作りの一助になることを目指しています。

※野生動物観光促進事業

 環境省は、訪日外国人にとって魅力的な野生動物観光の充実を図り、「明日の日本を支える観光ビジョン」で掲げる「観光先進国」の実現を図るため、野生動物観光促進事業を2019年度から実施しています。事業内容は、保全との両立を図った野生動物ツアーコンテンツの作成等を補助金事業として支援することなどです。

2.ルールハンドブックの配布

 今年度は、11月7日(土)~8日(日)に開催される第19回ライチョウ会議ぎふ大会で配布する予定です。

①ライチョウ観察ルールハンドブックの内容はWebサイトで公開しています。

日本アルプスガイドセンター 「ライチョウ観察ルールハンドブック」 のウェブページ

https://thejapanalps.com/ptarmigan

②配布希望者は下記の中部山岳国立公園管理事務所までメールで配布希望の旨を添えてお申し込みください。先着100名を原則としますが、部数が無くなり次第、終了させていただきます。

E-Mail: NCO-MATSUMOTO@env.go.jp

③第19回ライチョウ会議ぎふ大会の詳細については、下記大会ホームページより御確認ください。

https://www1.gifu-u.ac.jp/~lar/ptarmigan/

3.モニターツアーについて

 ライチョウ観察ルールハンドブックをもとに、10月3日(土)~4日(日)に、ツアー化に向けたモニターツアーを、中部山岳国立公園の乗鞍岳において試行します。

参加者はすでに決定しており、公募するものではありません

モニターツアー行程(予定)

10月3日(土)

 14:00    乗鞍白雲荘(宿泊場所)集合

 14:40-17:00 観察ツアーⅠ

 18:50-20:00 ライチョウについての勉強会

10月4日(日)

 5:00-6:00  観察ツアーⅡ

 8:00-11:00  観察ツアーⅢ

 モニターツアーについては取材が可能です。現地での取材を希望される方は、事前に社名、代表者氏名、取材名簿、取材方法(写真、カメラ等の機材状況)、連絡先(電話、FAX、E-mail)を下記までご連絡の上、参加行程等の調整をお願いします。なお、天候によっては、直前に変更をお願いする場合がありますのであらかじめご承知おき願います。

4.問い合わせ先

○ライチョウ観察ルールハンドブック配布希望受付

 ※配布希望者はメールにて、ご連絡ください。先着100名を原則としますが、部数が無くなり次第、終了させていただきます。

 環境省中部山岳国立公園管理事務所

  所長 森川 政人

  保護管理企画官 仁田 晃司

  利用企画官 渡邉 元嗣

  TEL:0263-94-2024

  E-Mail: NCO-MATSUMOTO@env.go.jp

○モニターツアー取材受付

 一般社団法人 日本アルプスガイドセンター 

  代表理事 新美 透

  TEL:03-5324-2385 または 080-2557-3809

  E-Mail:toru_niimi@thejapanalps.com

○野生動物観光促進事業について

 環境省自然環境局野生生物課

  計画係長 福田 真(内線 6670)

  TEL:代表03-3581-3351 直通03-5521-8282

  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 上高地ビジターセンター(リンク)
  • 欅平ビジターセンター(リンク)
  • 鹿沢ビジターセンター(リンク)
  • 万座しぜん情報館(リンク)
  • 妙高戸隠連山国立公園フェイスブック(リンク)
ページ先頭へ