報道発表資料

2019年09月26日

中央アルプス駒ヶ岳産剥製ライチョウの遺伝子解析結果について

昭和44(1969)年以降に目撃がなく絶滅した中央アルプスのライチョウについて、絶滅前に制作されたものと考えられる剥製が2個体発見されており、その遺伝子解析の結果、2個体ともに、南アルプス集団ではなく、火打山、北アルプス、乗鞍岳及び御嶽山の集団に近いことが判明しました。

添付資料

  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 上高地ビジターセンター(リンク)
  • 欅平ビジターセンター(リンク)
  • 鹿沢ビジターセンター(リンク)
  • 万座しぜん情報館(リンク)
  • 妙高戸隠連山国立公園フェイスブック(リンク)
ページ先頭へ