調査報告書

中部地方における地方公共団体による地球温暖化対策の推進状況等調査

平成20年度から温室効果ガスの6%削減約束を定める京都議定書の第一約束期間が開始され、国内における排出削減対策の抜本的な強化が必要となっています。
この各種の排出削減対策の推進においては、地域の環境行政の担い手である地方公共団体の役割が重要であり、地域からの発想により、地域の実情に最も合ったきめ細かな取組を地方公共団体が推進していくことが期待されています。
中部地方においても、地域の自然的社会的条件に応じた先駆的で創意工夫を凝らした対策が進められていますが、取組の更なる展開を図るため、こうした各地の対策の状況について整理・分析するとともに、中部地方の特性を踏まえた今後の対策の方向性について検討を行いました。

資料

<付属資料>

付属資料1:
「中部地方における地方公共団体による地球温暖化対策の推進状況等調査検討会議」について [PDF 572KB]
付属資料2:
各県における特定排出者からの報告排出量(ガス別・業種別) [PDF 650KB]
付属資料3:
中部地方における各県の現状データ [PDF 193KB]
付属資料4:
中部地方における市町村による地球温暖化対策の主な取組事例 [PDF 952KB]
Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 近畿自然歩道フェイスブック(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
中部カンファレンス(リンク)
EPO中部(リンク)
エコアクション21(リンク)
伊勢志摩国立公園指定七十周年(リンク)
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター(リンク)
国指定鳥獣保護区・ラムサール条約湿地 藤前干潟 ~人と自然をつなぐ翔橋~(リンク)
ページ先頭へ