食品リサイクルの愛称「めぐりふーど」

食品リサイクルの愛称「めぐりふーど」

 中部地方環境事務所では、食品リサイクルの取組をより多くの方々に身近に感じていただき、認知度やイメージの向上等を図ることが、食品リサイクルのより一層の普及には不可欠と考えています。

 このため、食品リサイクルの取組を表す愛称として「めぐりふーど」を、また、そのシンボルマークをについては広く一般から募集を行い決定しました。

 当事務所では、食品リサイクルの取組を行っている多くの方々にこの愛称とシンボルマークの使用を通して食品リサイクル推進サポーターとなっていただくことで、食品リサイクルの取組自体の認知度の向上等を図り、取組の普及拡大を目指していきます。

1.「めぐりふーど」とは

 「めぐりふーど」は、「めぐり」は循環すること、再びもとに返ることを表し、「ふーど」は食品を表しており、この2つの表現を合わせた造語です。

《経緯》
 当事務所では、循環型社会の形成を目指し、「中部地方における地域循環圏の構築に向けた検討」を、食品リサイクルループの構築をテーマに進めています。
 有識者等による検討会(座長:名古屋大学大学院生命農学研究科 淡路和則准教授)における検討過程で、事業者による取組を持続的なものとして支えるには、食品リサイクルへの取組を身近に感じられる形でより多くの方々に知ってもらうことで、消費者等が食品リサイクル由来の農畜産物等を選択しやすくすることが課題と指摘されました。これを受け、同検討会では、食品リサイクルの取組を表す愛称として「めぐりふーど」を決定しました。

2.「めぐりふーど」のシンボルマーク

 このようにできた食品リサイクルの愛称「めぐりふーど」に親しみを抱いていただき、より効果的に利用することを目的に、シンボルマークのデザインを平成23年6月より募集したところです。結果、全国津々浦々から371点の応募あり、その中から選ばれたのが、このデザインです。

画像:めぐりふーどロゴ

 報道発表「募集開始」
 報道発表「シンボルマーク決定」

3.利用方法

 「めぐりふーど」は幅広く全国で普及することを目指しています。このため、基本的には、食品リサイクルの取組に係わる方々には、ご利用いただけるようにしております。ただし、認証等と誤解を防ぐ目的から、その一部に制限を加えさせていただいておりますので、利用の際には、以下の手引き等を十分にご確認のうえ、申請いただきますよう、お願いいたします。

 報道発表「食品リサイクル推進サポーター募集」

「めぐりふーど」ちらし [PDF 1,022KB]

4.利用状況

 「めぐりふーど」は様々な場面で利用が始まっています。ご利用いただいている取組をご紹介します。

【株式会社戸田屋】
三重県鳥羽市のホテル。ホテル内で発生した食品残さを使ったたい肥を生成し、それを利用して生産された野菜や果物を使った料理を、メニューの一部として提供している。
【ユニー株式会社】
愛知県稲沢市に本社を持つ小売店。系列の店舗から発生する食品残さを利用してたい肥を生産し、それを利用して生産された野菜を循環野菜として、特定店舗で販売している。
【株式会社オガワ農材】
愛知県田原市の再生利用事業者。産業廃棄物の食品残さ等を利用してたい肥を生産している。
【株式会社イガ再資源化事業研究所】
三重県伊賀市の再生利用事業者。食品残さを利用した液体飼料を生産し、それを系列の養豚場で使用して豚の生産を行っている。
【株式会社小桝屋】
弥富市と飛島村でたい肥化を行っている再生利用事業者。食品、有機廃液、木材などの未利用資源の循環に取り組んでいる。
【名古屋市】
行政として、市内事業者の食品残さの減量化、再生利用等の取組を支援している。
【ひまわり農業協同組合】
豊川市に本部を置く農業協同組合。市内の再生利用事業者が生産した飼料 地域の食品算さを使いリキッド飼料生産、養豚農家へ供給し豚肉と加工食品 を直営店等で販売している。
【豊川市農政企画協議会】
豊川市、愛知県、ひまわり農業協同組合、豊川市農業委員会など、農業関係団体により組織され、それぞれが持つ専門分野を相互に活用し、農業振興のためにさまざまな事業の計画立案、実施を行っている。
【三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社政策研究事業本部名古屋本部】
受託業務を通じためぐりふーどの普及促進活動
【愛知県】
食品循環資源の再生利用等の促進に関する法制度の効果的運用を図るため、同制度の内容を広く県民に周知している
【有限会社東海】
リサイクル肥料を施肥し、農産物を生産している
【宇奈月ビール株式会社】
ビール製造の工程で生じたビールかすを、外部の牧場で、飼料として乳用牛及び肉用牛に供給している
【トヨタファーム】
愛知県豊田市と田原市で、地域の外食産業等で発生した食品廃棄物を利用した「エコフィード」により肥育したオリジナルブランド「三州豚」の生産を行っている。
また食育活動にも積極的に取組んでいる。
【直富商事株式会社】
スーパー、給食センター、コンビニ等で発生した食品残渣を収集し、飼料化を行う等食品リサイクルに取り組んでいる。
株式会社Japan Food Expert
「めぐりふーど」を活かしたお弁当の開発・販売を通して食品リサイクルに取り組んでいる。
太田油脂株式会社
植物油の搾りかすを肥料や飼料に活用し、さらに使用済みの食用油を再利用したエネルギー源(バイオディーゼル燃料)への活用を行っている。

5.関連イベント

 「めぐりふーど」をPRするために、さまざまな普及活動をおこなっています。

●めぐりふーどを活かしたレシピ集の作成

平成26年度3R推進中部地方大会において、めぐりふーどを活かしたレシピを募集し、レシピ集を作成しました。

レシピ集は、こちら[PDF 7,192KB]をご覧ください。

レシピはcookpadにも掲載しました。 めぐりふーどのキッチン(リンク:cookpad)


「めぐりふーど」を学ぶモニターツアー 

鳥羽地域モデル事業で生産されたマコモダケの収穫体験や試食など、鳥羽の「めぐりふーど」を学ぶモニターツアーを企画し、平成23年11月に実施しました。戸田家で宿泊、鳥羽国際ホテルでランチ、マコモダケの収穫体験や塩つくりにも挑戦しました。

「めぐりふーど」を学ぶモニターツアーチラシ[PDF 1,126KB]

●3R推進中部地方大会における普及啓発

「めぐりふーど」の普及のため、3R推進中部地方大会において様々な普及啓発をおこなっています。

詳細については、中部地方の3R推進の取り組みページをご覧ください。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 近畿自然歩道フェイスブック(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
伊勢志摩国立公園指定七十周年(リンク)
EPO中部(リンク)
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター(リンク)
エコアクション21(リンク)
国指定鳥獣保護区・ラムサール条約湿地 藤前干潟 ~人と自然をつなぐ翔橋~(リンク)
国道23号通行ルール(名古屋南部地域)(リンク)
ページ先頭へ