報道発表資料

2020年11月17日

第6回木曽川水系イタセンパラ保護協議会を開催します

「イタセンパラ」は、絶滅危惧種で国の天然記念物であるタナゴの仲間の淡水魚です。日本固有種で、淀川、木曽川、富山平野のごく一部のみに分布し、生息環境の変化や密漁などの人為的な圧力等に起因する個体数の減少で絶滅の危機に瀕しています。
そのような状況の中、木曽川に生息するイタセンパラ保護のため、学識経験者及び関係機関、地域住民が協働して、密漁対策、啓発活動、生息環境改善、保護増殖などの取組を進めてきたことにより、地域での認知度も高まりつつあり、学術的な知見の集積もなされてきたところです。
今般、水族館等の生息域外で繁殖させたイタセンパラの野生復帰、木曽川での生息環境改善や地域の協働など、今後のイタセンパラ保護の更なる取組について関係者間で検討するため、「木曽川水系イタセンパラ保護協議会」を下記のとおり開催します。
なお、取材に当たっては、新型コロナウイルス感染防止対策を下記5のとおり実施しますので、御留意願います。


1.開催日時

令和2年11月19日(木)14:00~16:30

2.開催場所

フジコミュニティセンター 4階 大会議室

名古屋市中村区黄金通1丁目18番地

(名古屋市営地下鉄桜通線 「中村区役所」駅4番出口より徒歩2分)

3.取材について

希少種の詳細な情報などが含まれるため、公開・撮影は、会議冒頭から会議前半までとし、その後は退室していただきますので、事務局の指示に従ってください。なお、協議会終了後の取材は可能です。

4.その他

希少種の詳細な生息地域等の情報、個人情報保護法に抵触するもの等については、原則非公開とさせていただきます。

5.新型コロナウイルス感染防止対策

 ・マスクの着用及び手指のアルコール消毒の御協力をお願いします。

 ・体温測定の結果、37.5度以上の場合は入場をお断りします。

 ・体調のすぐれない方は、御来場をお控えください。

問い合わせ先

国土交通省 中部地方整備局 河川部 河川環境課

課長   末松 義康

課長補佐 川村 昭彦

tel:052-953-8151

環境省 中部地方環境事務所

統括自然保護企画官 坂口 隆

野生生物課 課長補佐 小田嶋 仁

tel:052-955-2139



  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 近畿自然歩道フェイスブック(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
中部カンファレンス(リンク)
EPO中部(リンク)
エコアクション21(リンク)
国道23号通行ルール 名古屋南部地域(リンク)
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター(リンク)
国指定鳥獣保護区・ラムサール条約湿地 藤前干潟 ~人と自然をつなぐ翔橋~(リンク)
ページ先頭へ