報道発表資料

2018年10月17日

(お知らせ)種の保存法に基づくヤシャゲンゴロウ保護増殖事業の認定等及び認定証等の授与について

国内希少野生動植物種に指定されている種のうち、その個体の繁殖の促進、生息地等の整備等の事業の推進をする必要がある場合は、保護増殖事業計画を策定して、保護増殖事業を実施しています。
国以外の主体 (地方公共団体又はその他の者)が保護増殖事業を実施する場合には、各主体の事業計画が国の保護増殖事業計画に適合している旨の環境大臣の確認(地方公共団体の場合)又は認定(その他の者の場合)を受けることができます(種の保存法第46条)。
確認又は認定を受けた保護増殖事業として実施する場合、対象とする国内希少野生動植物種の捕獲及び譲渡し等の規制が適用除外となるなど、国の保護増殖事業と連携した取組の促進を図ることができます。
この度、中部地方環境事務所管内で2013年以降、保護増殖事業を実施してきた下記の3施設について、これまでの実績と今後の取組内容がヤシャゲンゴロウ保護増殖事業計画に合致することから、環境大臣の確認・認定を受けましたので授与式を行います。

ヤシャゲンゴロウの写真

        ヤシャゲンゴロウ

コウチュウ目 ゲンゴロウ科

 学名 Acilius kishii

1.開催日時

平成30年10月18日(木)14:00~

2.開催場所

福井市自然史博物館 3階 レクチャールーム

 〒918-8006 福井市足羽上野147  ℡0776-35-2844

3.確認・認定を受けた施設の概要

認定等を受けた者の名称 三国観光産業株式会社(越前松島水族館) 福井市自然史博物館 福井県自然保護センター

代表者の氏名、

確認者

代表取締役

 玉村 將

福井市長

 東村 新一

福井県知事

 西川 一誠
主たる事務所の所在地 福井県坂井市三国町池上80号1番地 福井県福井市足羽上町147

福井県大野市南六呂169-11-2

認定を受けた 事業の内容

・飼育下繁殖の実施及び人工繁殖技術確立

・普及啓発

・飼育下繁殖の実施及び人工繁殖技術確立

・普及啓発

・飼育下繁殖の実施及び人工繁殖技術確立

・普及啓発

4.問合せ先

 環境省 中部地方環境事務所

  統括自然保護企画官   酒向 貴子

  野生生物課       進藤 博文

  野生生物課       滝藤 由貴

  電話:052-955-2139

添付資料

  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 近畿自然歩道フェイスブック(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
中部カンファレンス(リンク)
EPO中部(リンク)
エコアクション21(リンク)
国道23号通行ルール 名古屋南部地域(リンク)
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター(リンク)
国指定鳥獣保護区・ラムサール条約湿地 藤前干潟 ~人と自然をつなぐ翔橋~(リンク)
ページ先頭へ