報道発表資料

2017年07月12日

名古屋港において確認されたアカカミアリについて

平成29年7月9日に名古屋港(愛知県海部郡飛島村)において、港湾事業者により捕獲されたアリは、専門家による同定の結果、7月12日に特定外来生物であるアカカミアリ(Solenopsis geminata)と確認されましたので、お知らせします。確認した個体及び確認地点は、すでに防除を実施しました。 アカカミアリは、これまでも国内への侵入が確認されていたものですが、今後も、愛知県や港湾管理者等関係者と連携協力して対策を講じていきます。

1.経緯等

7/1 フィリピン・マニラ港を出港

7/9 名古屋港(愛知県海部郡飛島村:飛島ふ頭)に到着。陸揚げしたコンテナ外部(底部の角)に、アリ(約60個体)を作業員が確認※。確認されたすべての個体を殺虫剤で駆除。コンテナは、コンテナターミナル内にて蔵置。

7/10 港湾事業者より名古屋港管理組合へ連絡およびアリの標本を提出。名古屋港管理組合より、愛知県、中部地方環境事務所へ通報。

7/11 名古屋港管理組合より、中部地方環境事務所にアリの標本を提出。同日、中部地方環境事務所より、専門家へ標本を送付。コンテナ周辺の目視調査を行い、捕獲トラップと殺虫餌(ベイト剤)を名古屋港管理組合で設置。

7/12 専門家により、名古屋港(愛知県海部郡飛島村)で見つかったアリがアカカミアリ( Solenopsis geminata )であることを確認。

※陸揚げ作業にあたり作業員がアカカミアリに刺されましたが、病院にて患部に薬剤を塗布され、健康上の問題は生じていません。

2.今後の予定

引き続き、愛知県や港湾管理者等関係者と連携協力して、対策を講じていきます。

添付資料

■ 問い合わせ先
環境省自然環境局
野生生物課外来生物対策室
室長   曽宮 和夫
室長補佐 八元 綾
担当   知識 寛之

中部地方環境事務所 野生生物課
直通 052-955-2139
課長   酒向 貴子
専門官  高木 丈子
地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 近畿自然歩道フェイスブック(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
   
中部カンファレンス(リンク) 
EPO中部(リンク)
エコアクション21(リンク)
  
伊勢志摩国立公園指定七十周年(リンク)
  
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター(リンク)
国指定鳥獣保護区・ラムサール条約湿地 藤前干潟 ~人と自然をつなぐ翔橋~(リンク)
ページ先頭へ