報道発表資料

2017年08月10日

名古屋港におけるヒアリ確認地点の周辺2km程度の調査の実施について

環境省では、ヒアリ確認地点の周辺2km程度に規模を拡大した調査を、7月31日(月)より順次実施しております。 8月15日(火)は、愛知県弥富市(名古屋港)で調査を実施する予定ですので、お知らせいたします。

1.調査の概要

ヒアリについては、6月9日に兵庫県尼崎市で初確認されて以降、現在までに12事例が報告されています。ヒアリ確認地点の周辺におけるモニタリングを目的として、周辺2km程度に規模を拡大した調査を実施しており、名古屋港では8月15日(火)に実施します。

なお、本調査においてヒアリが確認された場合には、速やかに結果を公表します。

2. 現地取材

本調査については、調査冒頭の現地取材を受け付けます。御希望の場合は、午前9時30分に富浜緑地(愛知県弥富市富浜1丁目:地図参照)駐車場に集合してください。また、現場では必ず環境省担当官及び現場関係者の指示に従って行動してください。なお、当日の天候等の都合により、調査予定は変更となる可能性があります。その場合は再度お知らせします。


※調査への影響を鑑み、取材は冒頭のみとし、調査中の取材についてはご遠慮願います。

【集合場所】

集合場所地図

■ 問い合わせ先
<愛知県における調査に関すること>
中部地方環境事務所 野生生物課
代表 052-955-2130
直通 052-955-2139
課長   酒向 貴子
専門官  高木 丈子
地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 近畿自然歩道フェイスブック(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
   
中部カンファレンス(リンク) 
EPO中部(リンク)
エコアクション21(リンク)
  
伊勢志摩国立公園指定七十周年(リンク)
  
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター(リンク)
国指定鳥獣保護区・ラムサール条約湿地 藤前干潟 ~人と自然をつなぐ翔橋~(リンク)
ページ先頭へ