報道発表資料

2014年07月22日

報道発表:絶滅危惧種「イタセンパラ」の飼育展示について

環境省中部地方環境事務所
野生生物課
(直通:052-955-2139)
自然保護官 齋藤

 環境省中部地方環境事務所は、8月2日(土)から11月16日(日)までの期間、絶滅が危惧され国内希少野生動物種に指定されている淡水魚「イタセンパラ」を一宮市尾西歴史民俗資料館で飼育展示します。

 木曽川に生息する希少な魚を間近に見学できる貴重な機会ですので、ぜひ、この機会にご来場ください。

1 概要

 環境省中部地方環境事務所は、8月2日(土)の「親子ふれあい教室:知ろう木曽川の自然!つかまえよう木曽川の魚!」(主催:一宮市、共催:環境省中部地方環境事務所及び国土交通省木曽川上流河川事務所)の開催にあわせて、木曽川に生息する絶滅危惧種(国内希少野生動物種)「イタセンパラ」を、一宮市尾西歴史民俗資料館において飼育展示します。
 イタセンパラは、11月16日(日)までの期間、飼育展示されます。

2 見学可能期間・場所

平成26年8月2日(土)~11月16日(日)
於:一宮市尾西歴史民俗資料館2F
  (一宮市起字下町211、TEL:0586-62-9711)
※見学可能時間は、同館の開館時間による。

3 入場

無料

4 問合せ先

環境省中部地方環境事務所 野生生物課
立岩・齋藤
電話番号:052-955-2139

一宮市尾西歴史民俗資料館
担当学芸員 久保
電話番号:0586-62-9711

※「親子ふれあい教室:知ろう木曽川の自然!つかまえよう木曽川の魚!」のプログラムに関するお問い合わせは、
一宮市生涯学習課(担当:森(0586-85-7074))まで。

5 イタセンパラの概要

別添参照 [PDF 801KB]

6 その他

  • イタセンパラの飼育展示に関する取材をご希望の場合は、8月2日(土)08:30-09:30の時間帯に尾西歴史民俗資料館2Fギャラリーまでお越しください。
  • 上記日時以外での取材をご希望の場合、環境省中部地方環境事務所に個別にご相談下さい。
Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 近畿自然歩道フェイスブック(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
   
中部カンファレンス(リンク) 
EPO中部(リンク)
エコアクション21(リンク)
  
伊勢志摩国立公園指定七十周年(リンク)
  
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター(リンク)
国指定鳥獣保護区・ラムサール条約湿地 藤前干潟 ~人と自然をつなぐ翔橋~(リンク)
ページ先頭へ