報道発表資料

2014年06月27日

報道発表:平成26年版環境白書を読む会~地域の未来とグリーン経済~の開催について

環境省中部地方環境事務所
環境対策課長:遊佐 秀憲
担当:高木、石﨑
TEL:052-955-2134
FAX:052-951-8889

 環境省では、全国8カ所で「白書を読む会」を予定しておりますが、中部地方では、7月28日(月)に、ウインクあいち(名古屋市)において、「平成26年版環境白書を読む会~地域の未来とグリーン経済~」を開催します。
 平成26年版環境・循環型社会・生物多様性白書(環境白書)は、「我が国が歩むグリーン経済の道」をテーマとし、東日本大震災の被災地における環境回復のための取組に加え、地球温暖化をはじめとする環境問題への対応と、経済成長の両立を目指すグリーン経済の重要性について示すとともに、これを実現する環境技術や環境金融等の取組を紹介しています。
 今回の白書を読む会では、白書の内容を広く国民の皆様に知っていただき、より多くの方々に環境配慮や環境保全の取組を行っていただけるよう、第1部として白書のポイント説明を行います。
 また、第2部として、中部地方の企業の環境取組事例をお聞きした後、「グリーン経済にどう取り組むか~共有価値の創造(CSV)を地域から~」をテーマとして、パネルディスカッションを開催します。

1 目的

 平成26年版(最新)環境白書の内容から現在の地球・日本の環境の状況を知り、当地域にて今後どのような行動が政府・地域・企業に望まれているのか、グリーン経済への取組について考える契機とします。

2 開催日時

平成26年7月28日(月)13:30~16:30

3 開催場所

ウインクあいち 1101会議室 (名古屋市中村区名駅4丁目4-38)
JR名古屋駅桜通口から東へ徒歩5分
ウインクあいちへのアクセス

4 主催等

主催:
環境省・中部地方環境事務所・中部環境パートナーシップオフィス
後援:
環境パートナーシップクラブ(EPOC)、一般社団法人中部経済連合会
名古屋商工会議所(順不同・予定含む)

5 プログラム

13:30~
第1部「セミナー:最新の環境白書を知る」
・最新の環境白書のポイントを環境省の執筆担当者が分かり易く解説します。
15:00~
第2部「パネルディスカッション:グリーン経済にどう取り組むか
~共有価値の創造(CSV)を地域から~」
① 事例報告
・ユニー株式会社の取組
・宇奈月温泉活性化の取組 
② パネルディスカッション
報告事例をもとに、グリーン経済に取り組むためになにが必要なのか、何ができるのかを考えます。
ファシリテーター:
千頭 聡 氏
(日本福祉大学 教授)
パネリスト:
百瀬 則子 氏
(ユニーグループ・ホールディングス株式会社 執行役員)
大橋 聡司 氏
(宇奈月ビール株式会社 代表取締役社長、一般社団法人でんき宇奈月プロジェクト 代表理事)
環境白書担当者ほか

6 定員 

80名(参加費無料)

7 申込方法

 参加には事前の申込みが必要となります。参加御希望の方は、別添参加申込用紙に必要事項を記入の上、電子メール又はFAXで下記までお申し込みください(電子メールの場合は件名に「環境白書を読む会 参加申込み」と入力してください)。
 なお、申込み多数の場合は、定員に達し次第、締め切らせていただきます。
・申込み期限:
平成27年7月25日(金)17:00
・お申込み先:
環境省中部地方環境事務所環境対策課 担当:高木、石﨑
・電子メール:
REO-CHUBU@env.go.jp
・FAX:
052-951-8889

8 問い合わせ先

環境省中部地方環境事務所環境対策課 担当:高木、石﨑
電話:052-955-2134 FAX:052-951-8889

9 その他

詳細は別添チラシ [PDF 576KB] をご参照下さい。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 近畿自然歩道フェイスブック(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
   
中部カンファレンス(リンク) 
EPO中部(リンク)
エコアクション21(リンク)
  
伊勢志摩国立公園指定七十周年(リンク)
  
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター(リンク)
国指定鳥獣保護区・ラムサール条約湿地 藤前干潟 ~人と自然をつなぐ翔橋~(リンク)
ページ先頭へ