報道発表資料

2013年02月01日

報道発表:自然観察会「山里の生活文化体験-白峰で冬の暮らしの知恵を学ぶ」~豪雪地・白峰の冬の暮らし今・昔~

中部地方環境事務所

 白山国立公園は、今年度で指定50年の節目を迎えました。環境省中部地方環境事務所では、長良川・庄川・九頭竜川・手取川の水源であり、私達の暮らしと生きものの命を育む白山の水に焦点を当て、白山の水に関わりのある場所を巡る観察会を開催しています。今回、白山を水源とする手取川の最も水源に近い集落である白峰で、小学4年生から中学生を対象に「子どもパークレンジャー」としての体験活動をしていただこうとするものです。
 白峰を巡り、豪雪地が生み出した知恵や文化に触れ、環境問題や現代の生活について考えてもらうことを目的としています。

1.主催者

環境省中部地方環境事務所白山自然保護官事務所

2.開催日時

平成25年2月16日(土)13:30 ~ 2月17日(日)14:00頃
(一泊二日)
※13:15受付開始
※日帰りの参加も可。日帰りの場合、一日目は13:15、二日目は8:15受付

3.開催場所

白峰集落と緑の村周辺(石川県白山市白峰)

4.集合(解散)場所

集合場所、時間 : 白山国立公園センター(白山市白峰)、13:15受付開始
解散場所、時間 : 白山国立公園センター(白山市白峰)、14:00解散

5.内容

 初日は白山国立公園センターで集まり、上原スキー場でかんじき体験をし、雪の中での生活の体験をしてもらいます。夜は地元の方に昔の生活について語ってもらいます。天候が良ければ星空観察会を開催します。
 二日目は豪雪地である白峰の集落を散策し、雪との生活で生まれて来た知恵や文化を学びます。

6.定員

20名
・ 対象は、小学4年生~中学生
・ 申込み先着順

7.参加費

1人4,000円(傷害保険代・1泊3食代金 ※込)
※1日目の夕食、2日目の朝食・昼食
(日帰りの参加者は1,500円)

8.お申込み先・お問い合わせ先

NPO法人白山しらみね自然学校(石川県白山市白峰ロ131番地)
電話番号 ・ FAX : (076)259-2191
(受付締切 2月11日(火)17:00まで)

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 近畿自然歩道フェイスブック(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
   
中部カンファレンス(リンク) 
EPO中部(リンク)
エコアクション21(リンク)
  
伊勢志摩国立公園指定七十周年(リンク)
  
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター(リンク)
国指定鳥獣保護区・ラムサール条約湿地 藤前干潟 ~人と自然をつなぐ翔橋~(リンク)
ページ先頭へ