報道発表資料

2012年09月04日

報道発表:(お知らせ)自然観察会「白山 水を巡る旅 ~南竜ヶ馬場の自然を守る~」の開催について

 中部地方環境事務所

 白山国立公園は、今年で指定50年の節目を迎えます。環境省中部地方環境事務所では、北陸地方の主だった川の水源であり、私達の暮らしと生きものの命を育む白山の水に焦点を当て、白山国立公園内の水に関わりのある場所を巡る観察会を5回開催します。今回はその3回目であり、小学4年生から中学生に「子どもパークレンジャー」として活動していただこうとするものです。
 南竜ヶ馬場に生育する高山植物やそこに集まる野鳥や昆虫等の観察を通じて、白山の水と自然に対する理解を深め、白山国立公園の保全上の課題である外来植物問題について実際に現状を見て、除去作業を行っていただくなどの自然観察会を9月15日(土)~16日(日)に開催します。

1.主催者

環境省中部地方環境事務所白山自然保護官事務所

2.開催日時

平成24年9月15日(土)8:20 ~ 9月16日(日)15:00頃

3.開催場所

白山国立公園

4.集合(解散)場所

集合場所、時間 :
市ノ瀬ビジターセンター(白山市白峰)、8:20受付
解散場所、時間 :
白山国立公園センター(白山市白峰)、15:00解散

5.内容

【観察会コース】
南竜ヶ馬場は、標高約2,100mに位置し、高山植物が生育する環境にあります。
1日目 : 市ノ瀬VC-別当出合-中飯場-甚之助避難小屋-南竜ヶ馬場
 白山の登山口である別当出合(標高1,260m)から南竜ヶ馬場まで登山し、白山の水と大地が育む生きものや岩石、歴史などを観察していただきます。
 南竜山荘のケビンに泊まります。
2日目 : 南竜山荘-別当出合-百万貫の岩-白山国立公園センター
 白山の自然を取り巻く外来植物問題について、実際に現状を見て、除去作業を行っていただき、この豊かな自然を次世代に残していくために、自分は何ができるのかを考えていただきます。
 両日、環境省レンジャー、NPO法人白山しらみね自然学校のスタッフが御案内します。

6.定員

20名(対象は、小学4年生~中学生(大人は対象外))
※申込み先着順

7.参加費

子ども1人4000円(傷害保険代 ・ バス代 ・ 宿泊代 ・ 3食分 ※込)
※1日目の夕食、2日目の朝食 ・ 昼食

8.持ち物及び服装

【持ち物】

1日目の昼食、飲料、お菓子、雨合羽、タオル、リュック、リュックの防水カバー、ライト(ヘッドライト推奨)、羽織れる上着(フリースなど)、救急セット(服用している薬など)、洗面用具(風呂はありません)

【あると便利な物】

ビニール袋(ゴミ入れ等に使用)、トイレットペーパー
【服装】長袖長ズボン、履き慣れた靴(登山靴推奨)、帽子、軍手

9.お申込み先 ・ お問い合わせ先

NPO法人白山しらみね自然学校(石川県白山市白峰ロ131番地)
電話番号 : (076)259-2191
(申込みは9月7日(土)17:00まで)

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 近畿自然歩道フェイスブック(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
中部カンファレンス(リンク)
EPO中部(リンク)
エコアクション21(リンク)
伊勢志摩国立公園指定七十周年(リンク)
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター(リンク)
国指定鳥獣保護区・ラムサール条約湿地 藤前干潟 ~人と自然をつなぐ翔橋~(リンク)
ページ先頭へ