報道発表資料

2012年07月23日

報道発表:(お知らせ)ワイズユース・中部ネットワーク会議in三方五湖の開催について

中部地方環境事務所

 8月25日(土)に三方青年の家(福井県若狭町)において、「ワイズユース・中部ネットワーク会議in三方五湖」を開催します。
 本会議は、この中部地方で新たにラムサール条約登録湿地が新たに3箇所(立山弥陀ヶ原・大日平、中池見湿地、東海丘陵湧水湿地群)登録されたことを記念して、東海・北陸地方でラムサール条約に登録された6箇所の湿地において保全活動を実施する者が現在の活動状況や今後の課題を共有し、ワイズユース(賢明な利用)について話し合うものです。

1.目的

 本年7月3日に日本におけるラムサール条約登録湿地が9箇所追加され、中部地方でも新たに3箇所が登録されました。その結果、中部地方では全部で6箇所(立山弥陀ヶ原・大日平、片野鴨池、三方五湖、中池見湿地、藤前干潟、東海丘陵湧水湿地群)の湿地が登録されました。しかし、登録がゴールでは無く、登録後にいかに各々の地域でワイズユースを進めるかが、重要となってきます。
 そこで、地域ごとの特色を活かし、着実に活動を進めるため、各登録湿地の関係者が会合し、各々の活動や課題を共有するとともに、相互のネットワークを形成する場とすることを目的として「ワイズユース・中部ネットワーク会議in三方五湖」を開催します。

2.開催日時

平成24年8月25日(土)9:45~12:15
なお、同日午後に三方五湖自然再生フォーラムが開催されます。

3.開催場所

三方青年の家 多目的ホール(福井県若狭町鳥浜122-27-1)

4.主催等

主催 : 環境省中部地方環境事務所
共催 : 福井県 ・ 若狭町 ・ 美浜町 ・ 三方五湖自然再生協議会

5.プログラム

 9:45 開会
10:00 第1部
メッセージ
「水の恵みと私たちの暮らし」
講演者:澁澤 寿一氏(NPO法人共存の森ネットワーク)
10:40 第2部
パネルディスカッション
テーマ「水の恵みを将来に引き継ぐために」
 立山弥陀ヶ原・大日平、片野鴨池、三方五湖、中池見湿地、藤前干潟、東海丘陵湧水湿地群で保全活動を実施している者が集まり、現在の活動状況や今後の課題を共有し、水の恵みを将来に引き継ぐためのワイズユースについて話し合います。

6.定員

300名(参加費無料)

7.申込方法

 参加御希望の方は、同時開催の「三方五湖自然再生フォーラム」と併用される参加申込用紙に、必要事項を記入の上、電子メール、郵送又はFAXで下記までお申し込みください。
・ 申込み期限 : 平成24年8月17日(金)
・ お申込み先 : 福井県環境安全部自然環境課
・ 電子メール : shizen@pref.fukui.lg.jp
・ FAX : 0776-20-0635
・ 参加申込用紙は、下記サイトよりダウンロードできます。
http://www.pref.fukui.lg.jp/doc/shizen/mikata-goko/forum.html

8.問い合わせ先

環境省中部地方環境事務所野生生物課 担当 : 髙木丈子
電話 : 052-955-2139 FAX : 052-951-8889

(参考資料)

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 近畿自然歩道フェイスブック(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
EPO中部(リンク)
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター(リンク)
エコアクション21(リンク)
国指定鳥獣保護区・ラムサール条約湿地 藤前干潟 ~人と自然をつなぐ翔橋~(リンク)
国道23号通行ルール(名古屋南部地域)(リンク)
ページ先頭へ