報道発表資料

2011年06月15日

信州環境セミナー&ワークショップ~最新環境白書を読んで、地域の未来を考えよう~の開催について

中部地方環境事務所

 7月6日(水)に信州大学工学部(長野県長野市)において、「信州環境セミナー&ワークショップ~最新環境白書を読んで、地域の未来を考えよう~」を信州大学工学部と共同で開催します。
 本セミナーは、6月7日に閣議決定された平成23年版環境・循環型社会・生物多様性白書(環境白書)の内容を広く国民の皆様に知っていただき、より多くの方々に環境配慮や環境保全の取組を行っていただけるよう、白書のポイントをお話しする「白書を読む会(白書説明会)」や、ワークショップを実施するものです。

1. 目的

 本セミナーでは、環境関連の動きを広く市民の皆様に知っていただくとともに、本年に編纂された環境白書の内容について、わかりやすく説明します。また、ワークショップを通じて、環境問題と自分たちの暮らしとの関わりに対する理解を深めることをねらいとしています。

2.開催日時

 平成23年7月6日(水)16:10~19:10

3.開催場所

 国立大学法人 信州大学 工学部 信州科学技術総合振興センター(SASTec)3階
 〔長野県長野市若里4-17-1〕

JR長野駅から路線バスに乗車、「信大工学部前」下車。

4.主催

 環境省中部地方環境事務所、国立大学法人信州大学工学部

5.対象

 一般市民

6.参加費

 無料

7.プログラム

16:10~
第1部「セミナー:最新環境白書を知る」
本年の環境白書を作成した担当者が、白書のポイントを分かり易く解説します。
17:40~
第2部「ワークショップ:地域の未来を考える」
ワールドカフェ方式のワークショップを実施し、みんなが感じたこと・アクションにつなげようと思ったことを、参加者同士が共有し、行動につなげます。
ワールドカフェ方式:数人単位でテーブルに着き、テーマに基づく意見交換を行い、一定の時間が来れば1名を除いて別のテーブルに移って、異なるメンバーとの意見交換を繰り返し行い、自由な雰囲気の
 中で知識や知恵を共有し、生み出していく話し合いの手法です

8.定員(一般)

 第1部 100名 第2部20名 (信州大学学生(講義受講生)等を除く)

9.申込み方法

 参加には申込みが必要となります。参加御希望の方は、別紙様式(参加申込書)に必要事項を記入の上、電子メール、または、FAXで下記までお申し込みください。
 (電子メールの場合は件名に「環境セミナー参加希望」と入力してください)
 なお、先着順に受け付け、定員になり次第、締切ります。

申込み期限:平成23年7月4日(月)17:00
お申込み先:環境省中部地方環境事務所環境対策課 担当:高木、平田
電子メール:REO-CHUBU@env.go.jp
FAX:052-951-8889

10.問合せ先

 環境省中部地方環境事務所環境対策課 担当:高木丈子
 電話:052-955-2139 FAX:052-951-8889

参考資料

 チラシ [PDF 645KB]

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 近畿自然歩道フェイスブック(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
   
中部カンファレンス(リンク) 
EPO中部(リンク)
エコアクション21(リンク)
  
伊勢志摩国立公園指定七十周年(リンク)
  
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター(リンク)
国指定鳥獣保護区・ラムサール条約湿地 藤前干潟 ~人と自然をつなぐ翔橋~(リンク)
ページ先頭へ