中部地方環境事務所

ここからメニュー ジャンプして本文へ

ここから本文 ジャンプしてメニューへ

TOPICS

中部地方環境事務所報道発表資料>2010年度

【開催予定】CBD市民ネットと中部地方環境事務所によるCOP10/MOP5の100日前イベントの開催について

2010.06.25 環境省中部地方環境事務所

 生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)及びカルタヘナ議定書第5回締約国会議(MOP5)の100日前イベントとして、フォーラム「開催地からのメッセージ〜あいち名古屋宣言に向けて」(7月11日、名古屋国際会議場)及び「生命流域シンポジウムin王滝村」(7月17、18日、名古屋市民おんたけ休暇村)を生物多様性条約市民ネットワーク(CBD市民ネット)と中部地方環境事務所との共催により、開催します。

I.フォーラム「開催地からのメッセージ〜あいち名古屋宣言に向けて」

1.実施主体

 主催:生物多様性条約市民ネットワーク
 共催:中部地方環境事務所・COP10支援実行委員会

2.概要

 COP10/MOP5に向けて一般市民の関心を高めるとともに、市民の立場からCOP10/MOP5への発信を行うことを目的としたフォーラムを開催するものです。

3.開催日時

 平成22年7月11日(日)10:00〜17:00

4.開催場所

 名古屋国際会議場 国際会議室

5.定員

 300名

6.申込方法

 以下の方法により、【平成22年7月7日(水)17時(必着)までに】電子メールでお申込みください。

[1]
 「COP10 100日前記念フォーラム参加希望」と件名(Subject)欄に記載してください。
[2]
 住所、氏名、所属団体等、連絡先(電話)を記載してください。
 ■送信先
 電子メール apple-bear@nifty.com 担当:村瀬

7.問合せ先

 生物多様性条約市民ネットワーク事務局 村瀬
 TEL:080-6976-4005

II.「生命流域シンポジウムin王滝村」

1.実施主体

 主催:中部地方環境事務所・生物多様性条約市民ネットワーク
 連携協力:COP10支援実行委員会

2.概要

 伊勢・三河湾に注ぐ木曽川の水は、名古屋市を中心とする下流域都市圏住民約500 万人によって利用されており、このおいしくて安全な水は、木曽川の上流域からの恵みで す。
 そこで、下流域の住民が上流域の置かれている現状を認識するとともに、上下流域の住民の交流を通して生命流域の生物多様性及び生息環境の保全・再生と賢明な利用について理解を深めることを目的としたシンポジウムを開催するものです。

3.開催日時

 平成22年7月17日(土)〜18日(日)
 ※17日(土)8:30 金山総合駅北ダイエー前の道路集合

4.開催場所

 名古屋市民おんたけ市民休暇村(長野県木曽郡王滝村3159-25)
 ホームページ:http://www.ontake-kyukamura.net/

5.参加費

 1万円(学生:7000 円)※宿泊費、食事代、保険料等。

6.定員

 150名

7.申込方法

 申込みは、【平成22年6月30日(水)】までに下記のいずれかの方法でお願いします。

[1] 往復はがきでの申込み
 記載事項(※)を記入の上、「〒460-0003 名古屋市中区錦2−4−3錦パークビル4F EPO中部気付 CBD市民ネット事務局宛」に、往復はがきでお申し込みください。受付確認と参加費振込口座番号を返信用はがきでお知らせします。
[2] Eメールでの申込み
 記載事項(※)を記入の上、BioregionSympo@gmail.comまで、送信下さい。
 Eメールで受付確認と参加費振込口座番号を返信します。
[3] FAXでの申込み
 記載事項(※)を記入の上、052-218-8606 まで、FAX送信して下さい。
 FAXで受付確認と参加費振込口座番号をお知らせします。
 (※)記載事項:
お名前(フリガナ)、住所、性別、年齢(保険加入のため)、連絡先(電話番号・FAX・Eメール)

8.問合せ先

 生物多様性条約市民ネットワーク流域部会事務局 石原
 TEL:090-4117-7023(17時〜22時まで)

添付資料

添付資料1:
「開催地からのメッセージ〜あいち名古屋宣言に向けて」プログラム [PDF 234KB]
添付資料2:
「生命流域シンポジウムin王滝村」プログラム [PDF 177KB]
添付資料3:
「生命流域シンポジウムin王滝村」チラシ [PDF 601KB]