生物多様性の普及に向けた全国地方環境事務所連携企画「地球のいのち、えがいてみよう」



生物多様性の普及に向けた全国地方環境事務所連携企画「地球のいのち、えがいてみよう」



 本年は国連の定めた国際生物多様性年であり、同年10月には愛知県名古屋市で生物多様性条約第10回締約国会議が開催されます。この機会に「生物多様性の主流化」を図るために、国民の生物多様性に対する関心を高め、生物多様性を社会に浸透させることが喫緊の課題となっています。
 そこで、全国の地方環境事務所等が連携し、国立公園や国指定鳥獣保護区(以下「国立公園等」という。)のビジターセンター等において、来館者自ら生き物の折り紙や塗り絵等を作成し、地域の自然環境を描いた模造紙に貼り付けることを通じて、地域の生物多様性の素晴らしさを表現する企画「地球のいのち、えがいてみよう」を実施します。

●実施場所

 全国の国立公園等のビジターセンター等の施設(2010.4.30現在)リンク画像:実施施設一覧 [PDF 330KB]

●実施内容

完成イメージ
写真:完成イメージ
  1. 1.ビジターセンター等に森・里・海・干潟をはじめその地域の自然の特色を背景として描いた2~3畳程度の大きさの模造紙を設置しています。
  2. 2.ビジターセンター等の来館者には、その地域の国立公園等で見られる生き物の絵を描いてもらい、上記1.の模造紙に貼り付けてもらいます(直接模造紙に絵を書いたり、折り紙を貼りつけたりする場合もあります。)。
  3. 3.多くの参加者により多様な生物を描いてもらうことで、地域の生物多様性が表現されることとなります。
  • ※詳細は実施するビジターセンター等で異なります。
  • ※各ビジターセンターで実施した成果は、中部地方環境事務所に集めて、国際生物多様性の日関係イベント等において、展示することを検討しています。

●成果発表(2010.9.6)new!

●実施期間

 平成22年1月から5月上旬まで

●新着情報

●問合せ先

(1)「地球のいのち、えがいてみよう」の趣旨、概要について

環境省中部地方環境事務所COP10推進チーム
(「地球のいのち、えがいてみよう」実施事務局)
担当:桝(ます)、植田 電話:052-955-2131

(2)各ビジターセンター等における個別の実施内容について

リンク画像:実施施設一覧 [PDF 330KB]に記載の担当者にお問合せ下さい。

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

地域環境データベース
  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 近畿自然歩道フェイスブック(リンク)
  • 環境省Twitter(リンク)
おすすめサイト
中部カンファレンス(リンク)
EPO中部(リンク)
エコアクション21(リンク)
伊勢志摩国立公園指定七十周年(リンク)
伊勢志摩国立公園 横山ビジターセンター(リンク)
国指定鳥獣保護区・ラムサール条約湿地 藤前干潟 ~人と自然をつなぐ翔橋~(リンク)
ページ先頭へ