トピックス(2013年4月〜2014年3月)

2014年01月24日

ニホンジカ対策シンポジウム「中部山岳国立公園とその周辺の生態系をシカ被害から守る」の開催について

長野自然環境事務所

 近年、中部山岳国立公園及びその周辺では、ニホンジカ、イノシシ等の生息数及び生息範囲の拡大が見られ、生態系への被害が懸念されることから、昨年度、「中部山岳国立公園野生鳥獣対策連絡協議会」を設立し、「中部山岳国立公園ニホンジカ対策方針」を策定するとともに関係機関が連携して総合的にニホンジカ対策を進めています。
 このため、下記のとおりシンポジウムを開催し、広く取組の背景と現状について情報を発信し、考える機会を共有することとしたのでお知らせいたします。

1. 開催日時

平成26年2月15日(土)13:30~16:30

2. 開催場所

キッセイ文化ホール3階第1会議室 
(長野県松本市水汲69-2)
チラシ[PDF 733KB]

3. プログラム

(1)基調講演「ニホンジカが生態系に与える影響について」
増澤武弘 特任教授(静岡大学理学部)
(2)中部山岳国立公園の現状及び対策方針の紹介
環境省 松本自然環境事務所
(3)パネルディスカッション
「中部山岳国立公園におけるシカ被害を未然にどう防ぐか」
コーディネーター
岸元 良輔 氏 (長野県環境保全研究所)
アドバイザー
増澤 武弘 氏 (静岡大学理学部)
パネリスト(予定)
牛場 雅己 氏 (環境省 長野自然環境事務所)
宮 宣敏 氏 (長野県林務部野生鳥獣対策室)
中山 晶計 氏 (伊那市長谷地域自治区)
草田 茂 氏 (松本市農林部耕地林務課)
赤沼 健至 氏 (北アルプス山小屋友交会)

4. その他

会場では、中部山岳国立公園の自然環境や南アルプスにおけるニホンジカの生息・被害・対策状況などに関する展示も行います。

5. 連絡先

環境省松本自然環境事務所
自然保護官 西尾 治
TEL:0263-94-2024 FAX:0263-94-2651

Adobe Readerのダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただくためには、Adobe Readerが必要です。Adobe Reader(無償)をダウンロードしてご利用ください。

  • アクティブレンジャー日記 中部地区(リンク)
  • 妙高戸隠連山国立公園誕生イベント実施中(リンク)
ページ先頭へ